読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔女をまもる。中 (Nemuki+コミックス)

魔女をまもる。中 (Nemuki+コミックス)

魔女をまもる。中 (Nemuki+コミックス)

作家
槇 えびし
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-11-20
ISBN
9784022143037
amazonで購入する Kindle版を購入する

「魔女をまもる。中 (Nemuki+コミックス)」のおすすめレビュー

「今月のプラチナ本」は、槇 えびし『魔女をまもる。』

『魔女をまもる。』(上・中・下)

●あらすじ● 舞台は16世紀の神聖ローマ帝国。「魔女」や「悪魔」の不穏な噂に隣国がざわめく中、領主ヴィルヘルム5世のもとに、とある村から「村の娘が人狼に襲われた」という知らせが舞い込む。そこで一連の騒ぎを収めるよう、侍医であるヨーハン・ヴァイヤーを派遣するのだが……。魔女狩りが横行する時代、医療によって彼らを救おうとした、精神医学の先駆者といわれる医師の生涯を描いた傑作歴史マンガ。 まき・えびし●マンガ家、イラストレーター。著作に『天地明察』(原作:冲方 丁、講談社アフタヌーンKC)、『朱黒の仁』(朝日新聞出版)など。

槇 えびし朝日新聞出版Nemuki+コミックス 各900円(税別) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

魔術はファンタジーではなく、歴史だ 著者は中巻の後記にこう書いた。「魔術はファンタジーではなく、歴史だ」。われわれがマンガや映画で見てきた悪魔や魔術のほとんどは、ファンタジーでありCGだった。しかし当時の人々にとっては、疑う余地のない現実だったのだ。その現実に疑問を抱くことのむずかしさ。ほと…

2021/1/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

魔女をまもる。中 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さとみん

キリスト教に限らず宗教が精神的基盤となる人生がどんなものなのか、感覚的に理解できないままだ。そのせいか贖宥状にすがる気持ちが全く分からなくて困る。自分の犯した罪の重さに耐えかねて何かに救いを求めるという目的は分かるが、最終的に自分を赦せるのは自分しかいないと思っているから。反対に「魔女」の作られ方はよく分かる。己の中の不安や不満の捌け口として他者を貶める人の心の弱さ、その人の弱さを権威のために利用する教会。信仰を求める気持ちは否定しないが、個人的にはどうしても宗教団体というものを信用できないでいる。

2020/11/22

ギンジ

借り読み。主人公ヨーハンの師匠、アグリッパの言葉に胸打たれる。「見えないから恐れる、知らないから怖い」病原菌に誹謗中傷。現代にとてもシンクロしていて、まさにその通り。ホントに、知ることってとても大切だ。しかし、厄介なのが「迫害に打ち勝つ信仰と叡智」。方向性によっては大惨事を生む。今、テレビから例のサリン事件のニュースが流れてきていて、その怖さを思い出す。

2021/03/21

suisei214

医学が発達したのに現代の我々はあまりにこの時代の人と変わらない わからないものに対する恐怖とか

2021/04/24

紀和

迷信により魔女にされる人と弾劾する人々、迷信を利用した犯罪者。人の心に感染するものを精神という現実に視点を当てて悪魔の存在を否定しないまでも迷信と切り離した人物の歴史漫画。作家買いだったんだけど面白かった。登場人物の著書を読んでみたいと思わせる作品は好き。

2020/11/22

すん

★★★⒊5

2020/12/23

感想・レビューをもっと見る