読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-10-20
ISBN
9784022143310
amazonで購入する Kindle版を購入する

「百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)」の関連記事

非公開: ささいな言葉も文字にすれば呪いの言葉に。「呪いの文」に込められた想いとは――【風路の便り】/百鬼夜行抄29⑤

前回好評だった本作を再掲載! シリーズ累計570万部の大人気作品、今市子著のコミック『百鬼夜行抄29』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第5回です。幼少期から妖魔が見える不思議な力を持つ大学生・飯嶋律。彼を守護するのは、亡き祖父・飯嶋蝸牛(いいじまかぎゅう)が従えていた強力な妖魔・青嵐と、力は弱いが忠実でユニークな妖魔・尾白と尾黒。『百鬼夜行抄29』では、尾白と尾黒とともに、次々に出会う妖魔たちとのトラブルに挑む。憎しみや恨み、人の強い思いが呪いとなる。その呪いとは――。蝶が運んだ文の届け先を訪ねた律。相手の女性の話から、呪いの真相が次々と明らかになっていく。 【怖い場面あり、苦手な人は閲覧注意!】

<続きは本書でお楽しみください>

2022/8/28

全文を読む

非公開: 「邪魔をするな!」呪いの文を必死に届ける蝶。そこに書かれていた“呪いの言葉”は…【風路の便り】/百鬼夜行抄29④

前回好評だった本作を再掲載! シリーズ累計570万部の大人気作品、今市子著のコミック『百鬼夜行抄29』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第4回です。幼少期から妖魔が見える不思議な力を持つ大学生・飯嶋律。彼を守護するのは、亡き祖父・飯嶋蝸牛(いいじまかぎゅう)が従えていた強力な妖魔・青嵐と、力は弱いが忠実でユニークな妖魔・尾白と尾黒。『百鬼夜行抄29』では、尾白と尾黒とともに、次々に出会う妖魔たちとのトラブルに挑む。憎しみや恨み、人の強い思いが呪いとなる。その呪いとは――。もてなしに心を開いた蝶であったが、文だけは頑なにを手渡そうとしない。蝶を追いかけると、そこには数々の呪いの言葉が! 【怖い場面あり、苦手な人は閲覧注意!】

<第5回に続く>

2022/8/27

全文を読む

関連記事をもっと見る

百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ででんでん

大好きな尾白と尾黒が5話中4話で活躍?していて楽しかった。お酒や滋養のあるもの(根本的に役には立たない)を探すといったサービスが中心だが、今回、最後は身を挺して…○○漬けになっていたし。1話目が独立してわかりやすい話でよかった。いつも新刊を回してもらえてありがたい。感謝。

2021/11/15

荒草ミエル

坂元家ネタがまだ続く。あの家の子たち、あまり好きじゃないのでそろそろ新しい展開がいいな。普通の短編というのも変だけど、その方が個人的には好き。卒論、どのくらいの量書くんだったっけ?2つ書いたのに覚えてない…

2021/11/18

たまきら

いつまで大学生なんだ律…。もはやタイムラインが歪んでいる…。鳥の部分だけ見て娘が読みたがり、怖い絵を見て震え上がりました。だから言ったじゃん!妹から。

2022/01/10

北白川にゃんこ

卒論は大変。大変なのだ…。何年も掛かるんだ…。

2022/02/02

コリエル

何故律が坂元恭一のドナーを引き受けたのかが今になって明かされる。この坂元家シリーズ何年も前からやってるからこっちの記憶が残ってないよ~そろそろ読み返さないと。ところで、最後のエピソードで律に成り代わって占いしたのは誰なのよ。

2021/10/21

感想・レビューをもっと見る