読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生きるなんて

生きるなんて

生きるなんて

作家
丸山健二
出版社
朝日新聞社
発売日
2005-10-13
ISBN
9784022500236
amazonで購入する

生きるなんて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kubottar

親から離れて自立しろってのは今の時代とそぐわないと思う。今は非正規が当たり前だから明治時代のような大家族化に戻るべき。だからといって親に依存しろというわけではなく、家族全員が大黒柱を目指すべきかと。

2016/12/24

ハパナ

生きるから始まり、死ぬで終わるエッセイです。間に時間、才能、学校、仕事、親、友人、戦争、不安、健康と続きます。一貫的に自立を主眼にして書かれていますが、テーマ毎に著者の考える内容の正否を言いたいのでは無いのではないか。自分の言葉で語れる様に例題として自分の考えを述べ、読者それぞれに完結した考え方への思索を促しているように思える。何事にも哲学が必要であり、またそれは自分で考え持つものである。著者の伝えたいことは、そこにあるのではないかと思いました。宗教とはある種、哲学の外注とも言えそうですね。

2017/06/07

かりんとー

学生向きの本だが、読書耐性のない者にはやや毒かと。 正しく生きるために洗脳を解く、というのがこの本の趣旨だと思う。 でもこの本自体が一種の洗脳に近い。 「親から離れろ」とか「会社で働く時間は無意味だ」みたいな刺激的な言葉が 並ぶ。もし私が大学時代にこの本を読んでその通りに行動したら、 それはそれで大変なことになっただろうなー。

2016/10/02

なたね

ほとんどの読者は212ページにわたって、罵倒され続ける。御布施を求めない宗教家のようだ。徹頭徹尾「自立しろ」と言い続けるわけですが、本当に救いはそこにしかないのだと思う。でも、ワタシくだらなくてしょうもない友だちが欲しいです。

2014/07/08

いっち

言葉がナイフのように刺さるとは、まさしくこのことだと染み入る作品。生や死、学校や仕事、親や友達について、目を逸らしてた物事を、無意識に避けていた概念を、見せつけられる。安定を望む人は読まない方がいい。「生きる意味など、用意されていません。誰のためにもそんなものはないのです。意味無しでも存在できるのが存在というものなのです。」読んでよかったのかなあ...。

2015/02/22

感想・レビューをもっと見る