読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「伝える言葉」プラス

「伝える言葉」プラス

「伝える言葉」プラス

作家
大江健三郎
出版社
朝日新聞社
発売日
2006-11-01
ISBN
9784022502421
amazonで購入する

「伝える言葉」プラス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ほみょ

★★★☆☆自分の文学の世界と同様に、息子には息子の音楽の世界で葛藤や成長があった、産まれた時には植物人間になるのは間違いないと言われながら、ジョークを言うまでになっていることが凄い。著者はハックルベリ・フィンの冒険の一部の文章を自分あてに書かれていると思い込むことがあった、文学の中の新鮮な手紙は親密な手紙となるなど。確かに文学の中の言葉が自分を救う場面はある気がする。言葉を大事にする人なら、「小説を書くのを休みます」と言っておけば良かったのに。

2012/08/04

いのふみ

社会や、家族というものを真摯にみつめ、そこへの祈り。けして過激ではなく、穏やかで、あたたかなことばたち。

2014/04/03

いのふみ

二〇〇四年から二〇〇六年までの朝日新聞の月一連載と三つの講演。「大江健三郎賞」において、彼の喋りを聞いたことがある。発話が不明瞭で聞き取れない箇所が多かったが、椅子に身を凭せかけたり、時おり前のめりになって話す、リラックスしているようにも感じられる彼の姿を見るだけで満足だった。この本にも、その時の模様は収められていないが、そういう魅力があると思う。文学より政治発言が多め。この連載は『定義集』へ繫がってゆく。

2013/01/30

感想・レビューをもっと見る