読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自伝 じょうちゃん

自伝 じょうちゃん

自伝 じょうちゃん

作家
松谷みよ子
出版社
朝日新聞社
発売日
2007-11-07
ISBN
9784022503534
amazonで購入する

自伝 じょうちゃん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっこ

先日亡くなられた松谷みよ子さんの自伝。小さい頃『モモちゃんシリーズ』が好きでした。可愛らしく楽しい児童書である反面、特に後半でどうしても理解できない章がいくつもあったのを覚えています。例えば靴だけ帰ってくるパパ、死神、煙のきのこ。そしてそのわからなさの奥に、幼い私はどことなく怖さを感じていました。この作品を読み、その意味がやっとわかりました。それはどうにも抑えられない、松谷さんの心の闇。戦争や実家族との諍い、病気、離婚。淡々と書かれていますが、たくさん苦労なさったんだと思います。(→コメントへ)

2015/04/03

おはなし会 芽ぶっく 

故松谷みよ子さんの自伝。数々のおはなしを子どもたちに伝え遺してくださった松谷さん。波乱な人生の中で、特に戦争体験が彼女を変えたところも大きかったのでしょう。皆さんがレビューに書かれているように、『モモちゃんシリーズ』の不思議な感じが、「これが背景だったのか」とストンと落ちてきました。子ども向けにしていますが、松谷さんの人生そのものだったんですね。遺してくださった多くのおはなしを、子どもたちに話していきたいと思います。

2021/07/09

kambashig

幼少期から離婚までを語る。作家というより、激動の昭和を生きた女性の半生。当時の日本の空気が感じられる。

2014/05/02

cottontail

まるで朝の連続テレビ小説を観ているかのような気分だった。昭和を生きた(まだ著者はご存命だが)女性の清冽な記録。童話作家ではなく、一人の女性としての松谷みよ子氏の生きて来た様を知ることができてよかった。

2012/01/18

まめまめ

自分がイメージしていた童話作家松谷みよ子の人物像と現実はずい分違う。こんな人生を歩んできた人から紡ぎ出された童話をもう一度ちゃんと読みたくなった。

2011/01/05

感想・レビューをもっと見る