読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛しの座敷わらし

愛しの座敷わらし

愛しの座敷わらし

作家
荻原浩
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-04-04
ISBN
9784022504241
amazonで購入する Kindle版を購入する

愛しの座敷わらし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

地方転勤させられた会社員・晃一、主婦・史子、中2の娘・梓美、小4の息子・智也、晃一の母・澄代、ギクシャクしていた家族が、田舎の古民家に居ついている座敷童と触れ合って再生してゆく…こう書くと在り来たりな物語に感じるだろうが、荻原さんの手にかかると、435ページが苦も無く読める。それは持ち味のユーモアと5人の視点が各々に頷ける心情が丁寧に書き込まれているからだろう。特に中年夫婦の思考に親近感を抱けるのが良い!座敷童も抱きしめたい程に可愛くて、切なく愛おしい。ハートウォーミングファンタジーの見本のような良作だ。

2018/09/03

のっち♬

それぞれ個人的な問題を抱えて屋敷に引っ越してきた高橋一家。そこに座敷わらしがいたからといって生活は楽にならない。良いことには良くないこともついてくる。「何かを我慢すれば、別の何かが手に入るのさ」温かな人情を交えて送る屋敷での生活。気がつけば「なんだか楽しそうだ、いつからみんな、こんなに仲が良くなったんだ」、座敷わらしは一家に最も足りていない人間関係の福をもたらしてゆく。時には常識を疑い、欲得と固定概念を捨て、事実から「ありえない」を引き算してみよう。人生の下り階段も、認識次第で上り階段になるかもしれない。

2019/04/27

kishikan

こどもの心の純粋さ、田舎の素朴さ、歴史に刻まれた過酷さを超え、家族の絆や希望が描かれている、単にホラーなんてジャンルで片付けてはならない作品。

2009/02/13

Junna.S

「あれ、某アニメ映画に似ている?」と思いながら読み進み、次第にそれとは似て非なる物語だと気付かされる。座敷わらしは福を呼ぶ、という謂われ通り、ど田舎の古民家の住人“座敷わらし”は、新しい同居人である高橋一家に、少しずつ少しずつ福を齎していく。しかし“彼”自身の悲しい由来を含めると、単なるお伽噺ではない奥深さを感じる。物語そのものが、高橋家ひとりひとりの目線で多角的に描かれているせいか、それぞれの個性や悩みや成長が窺えて親近感が持てた。そしてラストの“彼”の意外な行動には是非とも「ナイス!☆」を贈りたい。

2012/06/28

ミナコ@灯れ松明の火

まさに『愛しの座敷わらし』。幸せをもたらしてくれるという座敷わらし。座敷わらしとの出会いで本物の家族へと変わっていった一家のストーリーは王道中の王道だけれどやっぱり面白い。座敷わらしが表れるたびに、心を覆っていた曇った皮を剥がすように大事な本当の気持ちに近づいていく面々が何だかとても羨ましく見えた。座敷わらしの真実は悲しかったけれど、これからは古民家へ行くたびに座敷わらしの姿を楽しみに探してしまいそう。ラストのオチもお見事でした!

2011/11/28

感想・レビューをもっと見る