読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

役にたたない日々

役にたたない日々

役にたたない日々

作家
佐野洋子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-05-07
ISBN
9784022504258
amazonで購入する

役にたたない日々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

「人生をめぐる名言がゴロゴロ」の帯に偽りなし。「4、5歳の知能は育ちゆく脳細胞だが、私の脳細胞ははがれ落ちる脳細胞」「いよよ華やぐ命なりけり」うちの母をはじめとして、なぜに世の年配の方々は、世間に腹を立ててるのかがちょっとだけわかってしまう。華やぎはともかく、あたしはここまで怒ってばかりのバアさんにはなりたくないな。佐野さんの最期の本音がたくさん詰まった冊でした。

2017/05/13

おくちゃん🌱柳緑花紅

あと何年もちますか?ホスピスを入れて二年くらいかな。いくらかかりますか死ぬまで。一千万。わかりました。その帰り近所のジャガーの代理店に行ってそこにあったイングリッシュグリーンの車を指差して「それ下さい」このエピソード。そして死ぬとわかるのは、自由の獲得と同じだと思う。と言う強さ。読み始めてはじめの方はクスクス笑った。けれど読み進めていくと老いていくという事が、ヒタヒタと身体に染み渡っていく。今天国で佐野さんはどうしているのかなぁ?ご両親やお兄さんと一緒に死ぬのも悪くないねって笑っているのかなぁ?

2016/06/29

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

「後ろ向きのまま、格好良く走り去った」という解説の酒井順子さんの言葉に強く共感。「あと何年もちますか」「ホスピスを入れて二年位かな」「死ぬまでいくらかかりますか」「一千万」。医師とこんな会話を交わしたその足で、イングリッシュグリーンのジャガーを購入するエピソードが好き。全編ほぼ毒を吐いているのに爽やかな印象が残るのは、自分の格好悪さを正視する潔さとユーモアのスパイス。誰にも等しく訪れる〈老い〉を淡々と受け入れて、前向きに生きるだけが人生じゃないと記す。そう、〈後ろ向き〉な言葉に勇気を貰える事だってある。

2015/07/25

速魚

韓流の話、右翼な従姉妹さんのお話 がんのお話、ボケの話、戦争の話 いちいち残る話が多かった。 「死ぬのがこわくないの?」「嬉しいよ、あんた死んだらもう金いらないんだよ、かせがなくたっていいんだよ 金の心配をしなくていいだけでもラッキーだよ」 医師との診察で「あと何年もちますか」「ホスピスをいれて2年くらいかな」「いくらかかりますか死ぬまで」「一千万」中略 死に際までも凄まじいのに、気負いは感じない。 佐野洋子はもうこの世にいない。 天国で兄弟、お母さんと楽しく暮らしているかもしれない。

2012/09/13

Maiラピ

まとまりないし、おちもない・・・でも止められない魅力ある文章。それは真摯で自然体だからかな。隠したい人間の本性みたいなものがあからさまにポンと投げ捨てられてる感じ。わたしは佐野さんみたいに大変な時代に生まれてないし、貧乏も戦争も知らない、だけどなんか共感出来る感情がたくさんありました。呆けて自分がわからなくなって死んでいくのは恐ろしい。。。

2011/02/20

感想・レビューをもっと見る