読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

早刷り岩次郎

早刷り岩次郎

早刷り岩次郎

作家
山本一力
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-07-04
ISBN
9784022504500
amazonで購入する

早刷り岩次郎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

naoki 1958

一力節絶好調。職人気質、真っ直ぐな男たち、勧善懲悪、読んでいて胸がすくのである。

2013/11/04

おばりん

あ~~す~~~とした!

2014/04/04

半べえ (やればできる子)

★★★

2013/03/01

ao

安政の大地震で家族を失った岩次郎は、摺り屋から瓦版屋へと商売変えをすることを決意。いままでとはまったく違う『早売り』は果たして成功するのか…というお話。記事を書く耳鼻、レイアウトを決める枠切りと次々と一日一回発行する『早刷り』を作る流れを作っていくあたりが痛快。岩次郎が完璧すぎて負けるところが想像できないのが難点かも。

2008/07/09

感想・レビューをもっと見る