読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宗教聖典を乱読する

宗教聖典を乱読する

宗教聖典を乱読する

作家
釈徹宗
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-07-21
ISBN
9784022504920
amazonで購入する

宗教聖典を乱読する / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鳩羽

装丁の雰囲気通り、シンプルにポップ、読みやすくて易しかったです。「乱読」というほど聖典を取り上げてはいません。単なる宗教の説明に終始せず、近代の発展との関わり、経済に与えた影響、日々の習慣、考え方、哲学との関係、などなど、様々なものと結び付けての解説が新鮮でした。

2009/09/15

さく

文庫化の時に『早わかり世界の六大宗教』と改題されている通り、ヒンドゥー教、神道、ユダヤ教、イスラーム、仏教の聖典の一部を取り上げ解説する。なんとなく理解できたようではあったが本を閉じるとモヤモヤと消えていった。きちんと知るなら私はもっと努力が必要。それでも入門としてとても読みやすい。神道と仏教はスッと頭に入ってきたということで、信仰を持っていないつもりでも影響を受けていることを自覚した。仏教の無畏施というのは良いなと思った。

2016/07/26

Humbaba

宗教は,それぞれ様々な戒律を持っている.その戒律は,もしかしたら論理的な意味はないのかもしれない.意味のないものを守るというのは,不合理かもしれないがそれこそが非常に宗教的であるとも言える.

2010/07/14

笹帽子

面白かった。実は俺は聖書とかもちゃんと読んだことが無かったのでいいきっかけになった。基礎知識と興味を持つためには結構いい本だと思う。

2009/09/27

kera1019

釈撤宗さんの本はどの本に関しても仏教を知らない人が読んでも分かるように工夫されてあるので、仏教との距離がグッと近くなる。今回はヒンドゥー教、神道、ユダヤ教、キリスト教、イスラーム、仏教の聖典を読んでみようって事やけど、やっぱりこれだけのモノを一冊に纏めるとなると聖典の一節に触れるという部分では物足らなさを感じる。でもユダヤ教での「豚肉を食べない理由」とプロテスタントの福音主義と浄土教が近いって云うのには「なるほど」と思ったし、仏教の講に関しては流石に本職、面白かった。

2013/03/14

感想・レビューをもっと見る