読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

六月の夜と昼のあわいに

六月の夜と昼のあわいに

六月の夜と昼のあわいに

作家
恩田陸
杉本秀太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-06-19
ISBN
9784022506047
amazonで購入する

六月の夜と昼のあわいに / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

短編集。怪しい雰囲気を楽しむ小説って事ですかねぇ・・・。

2017/01/16

あつひめ

現の世界…と言ったらいいだろうか。劇場で…それも小さな劇場で演じられているものを観ているような錯覚に陥る。不思議な間合い。場面に注目していると、他の観客の息遣いを感じそうな…。言葉遊びをしているような…心地よい言葉の連なり方が好きだなぁ。その独特の世界観が恩田ワールドとして息づいてる。唐草模様が印象的。

2014/11/12

しろいるか

この恩田ワールドは幻想的すぎて私の理解力では難しすぎました(汗)それでも、『窯変・田久保順子』と『Y字路の事件』は印象に残った(ついていけた!)『コンパートメントにて』は中編くらいに膨らんだら面白そうなのに、導入部で終わった感が残念。個人的にはそろそろまた常野物語みたいな作品が読みたいなあ。

2010/07/06

紅はこべ

ミステリというより幻想小説寄り。「Y字路の事件」は証言を集めて真相を探るという恩田さん得意の手法。これが一番ミステリっぽい。「窯変:田久保順子」は皮肉な味、苦い笑い。

2010/03/14

ミナコ@灯れ松明の火

確かにどれも「あわい」にたゆたう物語だった。短編集を読んでいる、というよりは詩集を読んでいるという感覚に近かったように思う。ほんの一瞬の景色から拡散して色を変えてゆくストーリー展開にはただただ感服するしかない。頭ですっきり理解する快感ではなく、ふわふわとした感覚を五感をめいっぱい使って味わう快感。

2012/02/22

感想・レビューをもっと見る