読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

親子三代、犬一匹

親子三代、犬一匹

親子三代、犬一匹

作家
藤野千夜
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-11-06
ISBN
9784022506580
amazonで購入する

親子三代、犬一匹 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くろにゃんこ

家族の一年間のお話はわりと淡々としているのとページ数が多くて少々手こずりました(^^ゞなんといってもマルチーズのトビ丸が可愛くて私のもとにも欲しい♪章太のことや明彦おじさんのことと今後が気になります。祖母が見せてくれたとっておきの余興・・・ドジョウすくいに和む(笑)

2017/02/16

ぶんこ

猫を飼っていますが、犬も昔飼っていたので、楽しく読めました。特にトビ丸がキャンキャンと来訪者に嬉しさのあまり飛び掛かってしまうところでは、飼っていた犬を思い出して、幸せ気分満開。ばあちゃん、母、姉、叔父までもが皆大らかなのも読んでいて気持ちいい。美代おばあさんのような老後、なんだか羨ましかったではす。賑やかで必要とされていて、ご近所友も居て、家族は仲が良いし、孫も素直で可愛い。そして甘えてくれるトビ丸がいる。淡々とした温かな柴崎家の日々。

2017/01/05

ひらちゃん

トビ丸(マルチーズ)を溺愛している家族のほんわかした一年の物語。少しヘタレの章太、多分ずっと誰かさんに片思い中のアキおじさんは似てるね。トビ丸命の夕樹お姉ちゃんに、ちょっとズボラなお母さん、皆にあまいおばあちゃん。居心地のよいこの家をトビ丸は大好き。ゆるゆるした時間と程よい優しさを頂きました。

2016/12/23

白のヒメ

上野近辺の古い街並みを舞台にした、祖母と母親と小学6年の長男と高校生の長女、そして叔父と一匹の小型犬の家族の物語。文体は平易な口語体で綴られ、何という事件の無い平凡な家族の日常を淡々と記録していくだけなのだけれど、とにかく行間の間からにじみ出てくる「愛」というのか「幸せ」というのか、温かいオーラのようなものを感じる物語で、いつまでも浸っていたいと思わせる特殊な感触があった。癒されるわー。この作家さんも本当に独特な作家さんだ。こんなに何事も起こらない話を読ませる力って、ある意味凄い。他のも読もう。

2013/07/30

けんぼう

新聞連載だったようですが、続編あるのかな?章太のみの話で終りってこと!?

2013/05/02

感想・レビューをもっと見る