読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いいかげんな青い空

いいかげんな青い空

いいかげんな青い空

作家
椎名誠
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-01-20
ISBN
9784022506856
amazonで購入する

いいかげんな青い空 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Book & Travel

椎名さんが世界各地の旅先で撮った写真とエッセイで、アサヒカメラでの連載をまとめたもの。シルクロード、東南アジア、北極圏、南米そして日本の離島など、訪れた先でのモノクロにこだわった写真は、何と言っても出会った人の何気無い表情が印象的。いつもながらの飾らず程よく力の抜けた文章からも、椎名さんの人への寄り添い方が伝わってくる。一編一編が短く、ちょっとした合間の時間に少しずつ読んだが、何となく気持ちがゆったりとできる時間だった。「人生はまあ何とか楽しい」という言葉がいい。

2018/01/06

miwmiw

アサヒカメラに連載されていた写真エッセイ。なかなか行かないような場所にも、数多く訪れてます。読みやすかった。椎名さんの撮る人の写真はいいですね。ロプノールは干上がってると知らずビックリしました。

2012/12/23

kaizen@名古屋de朝活読書会

アサヒカメラの連載の「シーナの写真日記」 アジア、アマゾン、アメリカなど、世界中の風景と子供たち。 写真日記らしい。文章と写真の対応関係がよい。 どちらかに偏っていないので、読んでもよいし、見てもよい。 全部白黒写真で、統一感があり、とても感じが良い。

2010/05/18

60代でも思春期

見開き、写真と対になった椎名誠の紀行文エッセイ集。それにしてもよくも世界中飛び回ったものだ。辺境の地、海辺の町、素朴な風景と人の表情が沢山出てくる。有名な観光地、きらびやかな都会は出てこない。冒険家の著者の好みがよくわかる。そしてその殆どが自分も行ってみたい!見てみたい、体感してみたいと思う場所だ。これからそれらの地のどれだけを訪れることができるだろうか?

2016/12/21

まひはる

「さまざまな人間のさまざまな風景の中の人生を、一瞬ごとに写真の中につかまえてしまうなんて、とてもぜいたくなことだと思う」―― 椎名誠。『アサヒカメラ』で好評連載中の「シーナの写真日記」を単行本化にあたり、全面的に再構成した写真エッセイ集。

2020/08/14

感想・レビューをもっと見る