読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まいにち、うきうき。 和の暦

まいにち、うきうき。 和の暦

まいにち、うきうき。 和の暦

作家
堀川波
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-03-19
ISBN
9784022507174
amazonで購入する Kindle版を購入する

まいにち、うきうき。 和の暦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

普通に生活していると忘れがちな季節が詰まっていました。和の日常を改めて見直し、こういう小さなことでも取り入れていくと日々が豊かになるのだろうなと思います。月ごとの手作りには日本ならではの良さがありますね。少しでいいので、和を感じられる日々を過ごしたいものです。

2017/11/30

ゆっきぃ

【2020図書館福袋本】年中行事や「おばあちゃんの知恵袋」的なことをかわいいイラストや写真つきで紹介しています。お盆のキュウリ馬や、正月口をつけるだけだったお屠蘇の香り、懐かしいなぁ。地域によって違う特色があったり(注連縄のデザインなんて、興味深いですね)、いまだに知らないことも多くて、手元に置いておきたい1冊です。七夕の飾りを楽しむ小さな子供はもういませんが(笑)、「オルスイさん」という七夕飾りがとってもかわいいので、今年は作ってみようかしら。

2020/01/13

万葉語り

こんな風に、丁寧に毎日を暮らせたらいいなと思った。できることから取り入れてみよう。

2014/05/19

ひじき

hontoさんが親切にも30%オフのクーポンの有効期限が今日までだということを教えてくれたので、使わなきゃ損、とあれこれ迷った挙句、これにした。一気に読むというよりも(第一いまそういう余裕はナイ)、毎朝起きたときに布団の中でiPad を開いて天気をチェックしたあと、数ページこれを読んで滋養を得る、というふうにしてみようと思う。というわけでまだ数ページ読んだだけなのだけど、あまりにも忘れていた言葉がたくさん出てきたので、頭がくらくら……。噺家さんのセリフを借りれば、「勉強して出直してまいります」てな気分。

2015/04/30

風里

12ヶ月毎にそれぞれ季節のコラムや年中行事とそれに纏わる小話がつく。 イラストがほっこりと可愛らしく、読みやすい。 それぞれの意味を知ればすっと肌に馴染むのが良い。

2012/10/23

感想・レビューをもっと見る