読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ツレと貂々、うつの先生に会いに行く

ツレと貂々、うつの先生に会いに行く

ツレと貂々、うつの先生に会いに行く

作家
大野裕
細川貂々
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-03-18
ISBN
9784022508430
amazonで購入する

ツレと貂々、うつの先生に会いに行く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

父所蔵の本。 自分を励ますもう一人の自分が出てきたときは要注意というのは新鮮な発見だった。心が悲鳴をあげている兆候なのだとか…。元気な時は励ます必要ないですからね…。うつ病患者の一人として肝に銘じておきます。

2018/06/12

読メ第7世代・寺

『ツレがうつになりまして。』の細川貂々が精神科医の大野裕と贈る漫画鬱病入門書。コミックエッセイというのは良い入門書だと思う。鬱病についてはある程度知っているつもりだったが、改めて勉強になった。鬱病の原因は完全には解明できない。患者の数だけ治療法がある。大野先生の「心っていうのは体の中にあるのではなく 人と人とがかかわった時に発動するものです」という台詞には膝を打った。赤ちゃんさえも鬱病になる実例も。最後にうつ症状の一つ、貧困妄想に絡めて通院医療費公費負担制度を紹介するあたりが良心的で良いと思う。

2014/06/24

すっちゃんちゃん

同僚が今、同病で休職中で、復帰後どう接すればいいのか、しては&言ってはいけないことは何なのか、何も分からないなぁ…と思ってた時に図書館で目についた著書。かわいらしい絵柄と信頼のおけそうな先生のお話。自分だって何かのきっかけで同じように休職しないといけなくなるかもしれない、そうなった時どう対処して欲しいかを想像すればいいと思っていたけど、それだけでは不十分ということが分かった。とりあえず、軽はずみな言動だけはしないように、同僚がゆったり、楽にいてもらえるように…肝に銘じました。

2020/08/09

葵@晴読雨読

図書館より。うつ病をわかりやすく説明した本。読みやすいです。

2013/12/13

もーちゃん

あぁ、あのときはうつだったんだな、と思った。あの時うつになって良かった、とは思えないけど、あの時があったから、食事や体調に気を付けるようになったな。なるべくしてなったのだな。

2013/11/30

感想・レビューをもっと見る