読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

よく遊びよく遊べ 隠居大学

よく遊びよく遊べ 隠居大学

よく遊びよく遊べ 隠居大学

作家
天野祐吉
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-06-17
ISBN
9784022508607
amazonで購入する

よく遊びよく遊べ 隠居大学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

michel

★4.2。いろんなタイプの隠居。過激な隠居、平熱の隠居、宇宙人の隠居…それぞれがとても個性的で、その差がまた面白い。いつか私が隠居できる日が来たなら、どんな隠居になりたいかなー。勉強になります。

2019/06/23

還暦院erk

図書館本。読み始めたら一気に読了。天野さんが錚々たるメンバーと対談しているのだが、その方々の個性と御意見を実に見事に引き出している。忘却力とか言いつつ外山さんと蘊蓄満載合戦してるのが興味深かった。谷川俊太郎さんの詩や坪内稔典さんの「うふふふふ」な俳句を読めたのもお得!隠居願望あり無しに関わらずおススメですぞ。

2014/10/14

よし

先日、横尾忠則さんと天野祐吉さんとの対談(in 盛岡)を聞かせていただいたのをきっかけに購入しました。隠居の過ごし方をテーマに天野さんが赤瀬川源平さんや谷川俊太郎さんなど6人のゲストを迎えて対談しています。横尾さんと天野さんの対談でも話題が出た「つぶあん派とこしあん派」の話も何度か登場して面白かった。また、坪内稔典さんとの俳句の話や安野光雅さんの「即興詩人」の話が面白くで目が覚めました。

2013/01/30

kiho

指南もアドバイスもそこにはないけど、ただただ天野さんと存在感あふれる皆さんとの対談に、思い思いの生き方があらわれる☆含蓄ある言葉あり、驚きの一言あり…ともあれ、その人ならではの隠居のスタイルがあることがステキだ♪

2012/10/31

Maxie

この本で天野氏は、お金がないと遊べない人を「遊び貧乏」と呼んでいる。この場合の「遊び」とは自由に楽しく生きること。対談者達の意見を読んで思ったのは、隠居になって遊ぶには居直るような、或いは吹っ切るような強い覚悟が必要なのでは。兎に角、愉快な本だった。

2012/06/26

感想・レビューをもっと見る