読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忍び秘伝

忍び秘伝

忍び秘伝

作家
乾緑郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-10-07
ISBN
9784022508973
amazonで購入する

忍び秘伝 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けい

武田家を中心とした忍びの話でしたが、登場人物に面白い所を持ってきていたと思います。特に真田昌幸、山本勘介といった有名どころを頻繁に登場させるとともに、諏訪家という神がった血筋を物語の中心に据えた所も面白い設定でした。ただ「完全なる・・・」と比べると物足りない感じを受けてしまいました。

2013/07/06

onasu

山本勘助を絡ませた戦国エンタメてのは、ど定番で何でもありなんでね…、て思う間もなく読んじまった。  諏訪頼重の見守る諏訪大社の御柱祭から始まって、僅かの頁で川中島の合戦まで終えてしまったのには呆気に取られたが、真の物語はそれから。  諏訪家の血筋と諏訪の荒ぶる神、それらを操ろうとする山本勘助、そこに絡むのが後の真田昌幸。そこは取りも直さず、武田家の勃興から滅亡への歴史なんだけど、その表舞台は脇に押しやられ、ひたすら怪しげな物語が綴られていく。  ここいら辺、初読の方には毒知識なんで、お勧めできません。

2015/05/19

まつじん

うーん、いまいちかな。伝奇小説なんでしょうが忍者アクションがねぇ。

2012/03/11

MarsAttacks!

山本勘助、真田昌幸、武田信玄にその家臣の人々、そして忍者加藤段蔵、この登場人物だけでも、どんな物語になるのかワクワクするのに加え、異国の狂人が書いたと言われる「在阿条経」に兇神「御左口神」、なんとなくあの神話の匂いがする設定。これは面白そうな物語になるに違いないと思ってのですが、いまひとつ流れに乗れないまま終わってしまいました。でもつまらない訳でなく、伝奇時代小説にあの神話風のおどろおどろしさを楽しむ事が出来ました。巻末の参考文献でやっぱりと納得しました。

2012/01/08

miroku

諏訪大社の謎と、山本勘助の謎。ふたつの謎を重ねて迷宮と成す。伝奇小説の王道が熱い♪

2012/05/05

感想・レビューをもっと見る