読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戸越銀座でつかまえて

戸越銀座でつかまえて

戸越銀座でつかまえて

作家
星野博美
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-09-06
ISBN
9784022510464
amazonで購入する

戸越銀座でつかまえて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

家を出て再び故郷の戸越銀座に戻った著者。戸惑い苦しみも隠さず書いたエッセイで親近感でした。子どもの頃 ウィンナーコーヒーはコーヒーの上にたこさんウィンナーがのっかってると思ってたり、白塗りのマクドナルドは悪魔の手先みたいだ。とかくすりとするところも。反面、猫のゆきちゃんのエピソードは辛かったです。まえがきでのお赤飯をたいて待っていたお母さまにじーん。人生の小さな選択の数々がいまへの道へとつながる。私も家を出て故郷に戻りました。後悔はしてないけど東京の暮らしを続けてたら今は何をしているだろう。

2017/10/18

おれんじぺこ♪

一人暮しをしていた土地から、実家の戸越銀座に戻ってきてからのessay。終始理屈っぽい感じが好みじゃなかった。表紙はとても可愛いのに。戸越銀座付近に10年以上前、1年ほど住んでいたので、懐かしいなぁと手に取ったので残念。長男が異様に好きだったフルーツヨーグルトサラダを売ってるお総菜屋さん、まだあるかなぁ(笑)

2014/03/06

みっこ

一人暮らしに敗北し、実家に戻ってきたという星野さん。自由を求めて生きてきたはずなのに、垣間見えるのは結婚や出産を経験しなかったことへの後悔。海外での放浪を好み、世間体みたいなものを気にしない人だと思っていたので、なんだか切ないです。猫をとても愛していて、愛猫を看取る内容の部分は読んでいて苦しい。私もいつか猫と暮らすことを望んでいるので、動物を飼うことへの責任を痛感させられました。結構反抗的な文章も多いけど、やっぱり面白い!ライターとしてすごく才能がある方だと思う。今後の作品も楽しみにしています。

2014/09/07

ひ  ほ

初読み作家さん。『戸越銀座』という名前に魅かれて図書館で借りました。戸越銀座は学生時代を過ごした街。第二京浜のほうの端っこまでは行ったことはないけど、武蔵小山方面は行ったことがあって、懐かしく読了。エッセイ本だったけど楽しく読めました。300冊目の記念本。

2013/11/30

kiho

以前別な本を読み、海外に出ていく積極的なイメージを持っていましたが、悩みを抱え実家に帰るという転機がやってきたとは⭐それでも新たな生活の中で、観察眼を持ちながら戸越銀座に再び親しんでいく様が、微笑ましく感じられました。

2016/04/08

感想・レビューをもっと見る