読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪医

悪医

悪医

作家
久坂部羊
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-11-07
ISBN
9784022511256
amazonで購入する

悪医 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

🐾Yoko Omoto🐾

早期のがん発見、手術、再発、抗がん剤治療、そして余命宣告。余命という不可避に対して、理性的に向き合えず肉体の限界を越えて尚治療を望む患者側の苦悩。効果のない治療を続け耐え難い苦痛を感じるだけの日々を送るよりも、残された時間を有効に使うことを勧める医者側の正論。患者が余命を受け入れるには、闘病や死への不安を少しでも和らげるべく尽力してくれる医者や、親身になって気にかけてくれる人など、精神的に心強いサポートが必要不可欠なのだと実感。今やガンは決して他人事ではない。余命に向き合う現実を考えさせられる一冊だった。

2017/10/13

nobby

全てがうまく喜ばしく迎える人の死はあり得ない。それぞれの立場で距離感で、同じ事象を見ても全く感じることは違う…この作品で交互に描かれる余命宣告する医者、されたガン患者の想い、そして第三者としての読者の感じ方も合わさること難しい。介護職・ケアマネジャーという仕事柄、少しは死に近いところで働き、生きることにそれほど必死さを求めず“普通”でよいとする自分の人生観は少なくとも悪くないと感じた。それでも、支援する側が相手の当然に喜ぶ様を期待しているという視点にハッとする…

2017/02/06

koba

★★★★☆

2014/02/13

ぶち

臓器提供意思表示カードを常に持ち歩き、病院での問診表などには必ず延命治療は受けませんと記入している私は、病気や事故による死への覚悟はできているものだと思っていました。しかし、この小説のように、"もう治療の余地がありません。残された数か月の余命を有意義に過ごしてください" などと宣告されたらどうなのでしょう。死と向き合う時間のほとんどない事故や病気であっという間に死んでいくのと、数ヵ月も死と向き合わなければならない状況。2人に1人ががんに罹るといわれている現代では、避けては通れない問題です。良書です。

2019/08/10

それいゆ

悪医ではなく良医の物語でした。手術、抗がん剤治療、免疫細胞治療、ホスピスでの療養などがんの治療にものすごく詳しくなった気分です。患者と医師の思いの違いもよく分かりました。久坂部さんの作品は医療の様々な問題を直球で捉えた良作ばかりです。今まで好んで読んできた海堂尊や帚木蓬生作品とは違ってエンターテインメント的要素はあまり感じませんが、本気度が強く伝わってきます。人は必ず死を迎えますが、その間際にどう生きていけばいいのか、どう死を迎えればいいのかを深く考えさせられました。

2015/11/04

感想・レビューをもっと見る