読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

だいすきなおばあちゃん

だいすきなおばあちゃん

だいすきなおばあちゃん

作家
日野原重明
岡田千晶
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-03-20
ISBN
9784022511614
amazonで購入する

ジャンル

だいすきなおばあちゃん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

大人になってからおばあちゃんの世代の人を見るとさほどおばあさんっぽくなく、まだ若いなぁって思うのですが、子供から見たおばあちゃんってこういう絵のイメージであったかくて優しくて物知りな存在です。私も亡くなった祖母を思い出してしまいました。

2016/04/17

emi*

本屋さんにて。日野原重明先生の尊いお話に、この絵はとても合っていると思った。このおばあちゃんのような幕の引き方、理想です。

2014/04/07

湘子☆

日野原さんの子供時代を思い出しながら書かれた絵本とのこと。マリちゃんと、そのやさしいおばあちゃんとの思い出がいっぱいのお話。日野原さんは「人間はいつか死にます。子供たちがその世話に参加し、その瞬間に立ち会うことで人が死んでいくなりゆきをよく理解してほしい。そしておしえてもらったたくさんのことに感謝し、心からありがとうと伝えてほしい」そんな気持ちでこのお話を書かれたそうです。忘れちゃいけないことに気づかせてくれる絵本でした。

2016/06/12

刹那

なんとなく結末は分かっていたけれど、やっぱり悲しいね(-_-)今の時間を大切にしないとね(o^^o)

2015/02/15

海(カイ)

日野原重明先生、102歳の絵本作家デビュー!マリちゃんには大好きなおばあちゃんがいます。 いろんなことを教えてくれたおばあちゃんが・・・子どもがはじめて経験する、大切な人との別れ。 大好きな岡田千晶さんの絵が、優しさを感じさせてくれます。

2014/05/30

感想・レビューをもっと見る