読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私に似た人

私に似た人

私に似た人

作家
貫井徳郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-04-08
ISBN
9784022511713
amazonで購入する

私に似た人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。連作短篇集。日本人の特性は確かに的を得てましたね。将来テロに脅かされるのも昨今の出来事を考えれば、ちょっと怖いですね。ミステリーですが、それより読者に投げかける内容でした。かなり面白かったです。

2015/02/21

as

攻殻機動隊S.A.C 2nd GIGに似た話と感じました。「世の中を~世の中を変えたくて、やっと議員になった人」よりは小口テロの主旨は理解出来ますが、やはり日本人には「まだ」難しい話だと思います。しかも首謀者が小説なので意外性を持たせる為には仕方ないとは言え、被害者の肉親が出て来たくらいで心折れる覚悟のない人物では尻すぼみ感がパないです。「一度決めた事は最後までやる」(byバフェット様)。最後にヘイトさんが言っていた日本人が赤信号で必ず停車する理由は死角に隠れる警察のセコさを知ってるからですよ(笑)。

2014/07/29

あすなろ

ズバリテーマは、小口テロ。これが、現代日本の鬱屈した若者社会とネット上の煽動により生まれることを描く。重い作品。納得出来るところ出来ないところもある。しかし、本作ではあまり描かれていなかった、社会の幼児化は大きな原因ではないか。柄だけは大人だが、柄に見合わない幼児性はかなり進行していると思う。若者だけでなくお年寄りまで含め。幼児性は、自己の世界で昇華され、無差別な理解不能犯罪=小口テロとなるのでは。本作の最終章のクアラルンプールには救われた。海外で我が国を眺めてみるしか我が国は理解出来ないのか。我々は。

2014/08/10

utinopoti27

優遇される富裕層と、搾取される貧困層。そんな冷淡な社会への抗議として、立て続けに起こる「小口テロ」。貧困にあえぎ、自分の居場所を見つけられず、ただ社会への怒りを募らせるレジスタントたち。しかしその背後に彼らを操る存在があった・・。本作収録の10話には、それぞれ「小口テロ」に対するスタンスの異なる人物が描かれています。「あなたに似た人は誰ですか?」秋葉原、池袋、新幹線等々、現実にも起こっているこれらの悲惨な事件を目の当たりにするにつけ、現代社会の病巣との向き合い方を問う本書の重さに身震いを禁じ得ないのです。

2018/07/17

Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。

581-192-12 「トベ」に翻弄される人たちの連作短篇集。大元の「トベ」の正体には意表をつかれたが、我が身や周りの人に起こる不運や不幸をなんでもかんでも社会のせいにしたらダメだわな。。。現実社会はもともと不公平なもの、どうにかして折り合いをつけて生きていくしかない。

2014/06/14

感想・レビューをもっと見る