読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

作家
三谷幸喜
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-04-08
ISBN
9784022511720
amazonで購入する

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

三谷幸喜さんのエッセイ、シリーズ12作目。この巻ではとびが旅立ち、三谷さんの文章からはとびへの愛情がたくさん感じられ、ついつい泣けてしまった。それにしても三谷さんはいつもお忙しくて幅広いジャンルのお仕事を手がけられているなあとびっくりさせられる。話題性とともに三谷さんなら今までにない面白いことをやってくれるという期待があるんだろうなあ。

2015/09/27

美登利

このシリーズも12冊目ですね。三谷さんの作品は舞台は観たことないけど、ドラマや映画は観てるので、毎回楽しんでます。しかし、先にニュースでも知っていた、愛犬との別れ。ずっとシリーズに登場し、三谷さんが躾に苦労し、途中からは、執筆生活や離婚後の支えでもあった犬のとび。愛するものを失う悲しみはやはりどの人にも訪れます。どんな有名人にも。今回も役者さんたちの訃報も載っていて、三谷さんの交友の広さを物語ってます。再婚したのはニュースで知りましたが、犬を飼い始めたのは知りませんでした。一気に賑やかになりましたね。

2014/07/19

ゆにこ

タイトルを見た瞬間分かりましたが、愛犬とびとのお別れ。ずっとエッセイを読んできたので、会った事のないとびなのに、なんだか知っているイヌのような気持ちになる。

2014/10/07

ann

清洲会議のエッセイを楽しみにしてたら、愛犬とびくんの話で泣けてしまう。別れは必ずやってくるのに。三谷さんの優しさと悲しみがわかりすぎてツラい。

2016/03/10

えむ女

ずっと読んできたシリーズ。前巻が奥さんとの離婚時期だったのでなんだか読む気も失せてきたのに今回また手にとってしまった。相変わらずのワールドですがやはり前妻さんとのエピソードがあった初期の頃の方が面白かったな。

2014/06/22

感想・レビューをもっと見る