読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私はテレビに出たかった

私はテレビに出たかった

私はテレビに出たかった

作家
松尾スズキ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-12-05
ISBN
9784022512383
amazonで購入する

私はテレビに出たかった / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

めろんラブ 

私にとって松尾氏と言えば、劇団『大人計画』の主宰という肩書きがまず浮かぶのですが、作家という顔のファンでもあります。本書はそもそも新聞連載だったようで、なるほど大衆小説に寄せた趣。これまで氏の純文学路線のものしか読んだことがなかったので、作品の醸すザ・エンタメ感に面食らいつつの読書でした。不条理感漂う会話の妙で沸騰する笑いが断続的に続き、カオスなエンディングに向けて加速する様は、映像化・舞台化にも向きそう。タイトルにある”私”とは誰か、”テレビに出る”が象徴するものとは何か、想いが広がる読後感。

2015/01/21

takaC

スズキさんは小説も書くんだね。序盤は面白かった。後半は急展開すぎてうまく追従できなかった。

2016/08/07

えっと…ハチャメチャすぎてワケわかんなかった。前半、恭一がことごとくタイミング合わなくてTVに出損ねてるときは面白かったんだけど、後半、子供たちの事件と絡んでくる頃になると読むペースガタ落ち。ホントわけわかんなかった。でも最後はちょっとよかったなー。

2015/04/18

林 一歩

探偵役は著者だなとか、登場人物を大人計画の役者たちに脳内変換かけながら読んでたら、一気に読み終わってしまった。小学生ではないけれど、エリカは二階堂ふみたんで、康介は神木君ですね。

2015/08/31

miu

笑ったー!面白かった!あるきっかけで一切テレビを見なくなったのに、あるきっかけでテレビに出たくて出たくてたまらなくなった男。でも、それだけじゃない。笑い、スリル、アドベンチャーと盛りだくさんな小説!テレビに出られるなら…と、血道をあげるサラリーマンの姿に笑いが止まらなかった。松尾スズキさんは脚本家、演出家、映画監督でもある。(多才!!)これ、映像化されないかな?

2015/02/12

感想・レビューをもっと見る