読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆるい生活

ゆるい生活

ゆるい生活

作家
群ようこ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-01-20
ISBN
9784022512499
amazonで購入する

ゆるい生活 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。いつも健康診断で飲み過ぎ、運動不足とお決まりの宣告を受ける私ですが、こういうのを読むと怖くなります。身にしみました。

2015/10/17

テディ

ある日の体調不調から体質改善を図る奮闘記録エッセイ。壮絶な痛みを伴うリンパマッサージや漢方薬を飲む事での治療。他人事に思えないのは自分がそういう年齢に到達したからだ。身体に水が溜まる状況や老廃物が体重やむくみを発生させている状況等。アルコール、甘い物がいかに悪影響を与えているか。代謝が悪くなっている以上、若い時のような量を摂取する事は御法度であり水でさえも無制限に飲む事は控えなくてはならない。老いはなだらかに下降線を描くものではなく、がくっと下に落ちフラット状態が続き、また階段状に落ちる状況。実感出来る。

2017/05/23

masa@レビューお休み中

タイトルは『ゆるい生活』ですが、全然ゆるくないです。むしろ、よく指示に従ってやられているなと関心してしまいました。群さんのエッセイなのですが、今回はいつもの抱腹絶倒エッセイではなくてご自身の体験レポとなっています。それも、漢方薬局に通っている様子と、日々の生活に焦点が当たっているんです。漢方には興味はあるけれども…。効きそうな気もするけれども…。きっと、僕も群さんと同じように先生から「甘いものの摂りすぎです。控えてください」と言われるに決まっているから、行けないなぁ。(笑)

2016/08/26

かりさ

群ようこさんが不調を抱え始めた身体と向き合い漢方薬やリンパマッサージ、先生の助言により健やかにゆるく、でも律するところはきちんとを綴ったエッセイ。自分の身体の事は分かってるはずなのにこれほど未知なることはありません。不調をきたす時は体に良くないことをしている皺寄せで、その悲鳴を聞いて修正することを怠ってはダメだわ、と私もあらゆる悪さを指摘されるようで痛感の読書でした。特に甘いものは自分へのご褒美でたくさん食べちゃうけど胃を冷やす原因に。特に食は数年先の自分に大事なもの。甘やかさず、時々ゆるーく無理なくね。

2016/08/02

パフちゃん@かのん変更

いや~全然ゆるくないじゃないですか。もともと料理に砂糖は使っていなかったのに、甘いものは全面禁止。漢方療法とリンパマッサージで不調を克服。甘いものをやめたせいか漢方薬のお蔭かリンパマッサージのお蔭か53kgあった体重が43kgまで減って、その後もう少し上で維持しておられるそうですが、すごいですね。どう考えても題名は『漢方生活』ってあたりですね。ああ、それだと買う人が減るかも。

2016/02/18

感想・レビューをもっと見る