読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

院内カフェ

院内カフェ

院内カフェ

作家
中島たい子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-07-07
ISBN
9784022512895
amazonで購入する Kindle版を購入する

院内カフェ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

タイトル通りの話ですね。病院内にあるカフェですので、当然、患者さん、お医者さん等が客として利用するわけですが、いろいろな人間模様があり、つい自分ならどうするとか、いろいろ考えさせられる話ですね。重そうな話になりがちなんですが、店員2人がいい味を出してまして、重さをいなしてくれて読みやすく仕上がってまして、ラストのシーンがさらに重さをなくしてくれて、ちょこっとほっこりします。優しさとか、いろいろ考えさせらました。

2017/05/04

zero1

病気だから見える世界がある。誰もが病むか疲れていて救いを求めている。病院内のカフェに集まる人々を描く。作家で主婦の相田は土日のバイト。夫の孝昭が入院中の朝子は乖離に落胆。大きな目の男に医師、病気の娘を抱える母親などが化学変化を起こす。視点の変化が鮮やか。「漢方小説」で芥川賞候補になった中島。約200ページと短いが、描かれた世界は深く重い。地味だが状況を切り取る上手さも光る。そして聖夜の出来事。現実は厳しいが、この世は生きる価値がある。本書はそれを証明した。家族を看取った人、介護に疲れた人に推薦したい一冊。

2019/09/28

紫 綺

総合病院の中にある普通の、でも時折変な人が現れるカフェ。トゲトゲ、殺伐としたエピソードから始まり、ぽかぽか、温かいエピソードで締める・・・頬ゆるむ暖房ストーリー。

2015/11/21

いつでも母さん

読みだす前は少し暗い内容かと思っていた。読後は柔らかな空気に包まれた温かい良いひと時をもらった感じだ。『わかり合えなくても、寄り添うことはできる。』なるほどの帯だった。病をもった人や支える人、病院関係者・・色んな想いで訪れる場所。カウンターの中のスタッフも何かを抱えている。病をもった人とその連れ合いも然り。再生と云うのではなく強いて言うと『気づき』かな。『ウルメ』君の存在が無垢に光る。誰の提供かクリスマスの贈り物は出来過ぎ感が有ったが、『いい話』だった。全国チェーン店らしい、一度訪ねてみたいなぁ。

2015/09/27

taiko

病院に併設された全国チェーンのカフェ。そこで働く人、入院・通院患者、ドクター、お見舞いの人、それぞれの色々なエピソードで繋がる長編小説。前から気になっていた本。初読みの作家さんでしたが、すごく好きでした。最後には、不覚にも泣かされてしまいました。かなり後ろ向きだった亮子とパン屋の夫、カフェで揉めてた夫婦、それぞれの関係が後半に向かって改善していく感じが、たまらなく良かったです。マダムスプラッシュとか、お湯のSとか、そのフレーズだけでも、鼻の奥がツンときます。サンタクロースはゲジデント、がいいな。

2016/02/06

感想・レビューをもっと見る