読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

俗・偽恋愛小説家

俗・偽恋愛小説家

俗・偽恋愛小説家

作家
森晶麿
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-08-05
ISBN
9784022514028
amazonで購入する Kindle版を購入する

俗・偽恋愛小説家 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チロ子

2作目。5つのおとぎ話から出来た短編。今回も新人作家の夢センセと、新米編集者の月子がミステリーに恋と大忙し!表紙や章ごとの絵も素敵!それにしても黒猫シリーズのじれったい恋模様と違って2作目でこんなに甘々になっているとは・・・!黒猫シリーズでじれったい!と思ってた読者にとっては嬉しい仕上がり。有川浩作品のような甘々がお好きな方には好まれるのでは?切ないおとぎ話の解釈もあったりと本当に楽しめた1冊でした。これは購入して良かった!手元に置いておきたい1冊です。3作目は出るのか?出て欲しいなぁー!!

2017/04/26

ぽぽ♪

続編があるとは思わなかったので、嬉しかったです。あいかわ夢センセの童話の切り口が斬新でした。月子も幼なじみに求婚されたりと、恋愛面でかなり進んだ気がしました。ラストのくだりはニンマリでした。

2016/08/22

しゅてふぁん

御伽噺はあまり詳しくない、というか、題名は知ってるけれど、内容は曖昧なものだらけ。なので、一般的な説明をしてくれる聡さんや月子の話と夢センセの解釈が楽しい。一番興味深かったのは、最終話の『くるみ割り人形』。少し前に同じ題材の本を読んだこともあって、夢センセの解釈がスッと頭に入ってきた。『俗々』が出たらいいな。

2016/10/22

ゆき

今回も「白雪姫」「ラプンツェル」「カエルの王子様」「くるみ割り人形」の四つのお伽噺のダークの解釈が面白かった。それを踏まえて、もう1度お伽噺が読みたくなった。今回は、前巻よりも新たなライバル登場で恋愛要素が多めだった。

2016/09/21

coco夏ko10角

『偽恋愛小説家』続編。今回も色んなおとぎ話が、そういう解釈もあるんだ・と面白い。夢センセの対応大変だ…、そして恋愛の方がはっきりと。

2016/08/21

感想・レビューをもっと見る