読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サザエさん よりぬきマスオさん

サザエさん よりぬきマスオさん

サザエさん よりぬきマスオさん

作家
長谷川町子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-10-07
ISBN
9784022514271
amazonで購入する

サザエさん よりぬきマスオさん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りょちみ

実は「よりぬきワカメちゃん」が読みたかったんだけど、マスオさん愛もあるから先にこちらを読んでみました。およそ5,60年前の世界ですが、今よりも自分自身の欲望にまっすぐの行動をしているように感じました。周りの目を過剰に気にしていなさすぎるというか。でも嘘ついて幼馴染とカフェに行ったり、風呂屋の家事を率先して見に行ったり、はダメだなw 休日に上司に鉢合わせたらまずい状況や割とどこでもタバコを吸っていたりとか、時代を感じる描写もあり楽しいです。

2019/06/16

またの名

MADな加工をしなくても分かる、波平のフリをして小遣いを多く貰うなど暗黒面を隠し切れない凶行に満ちた一人のパーソナリティへの特化漫画。ポストモダン時代に似つかわしい優男会社員といったTV向け検閲が作り出す虚像から解き放たれた原作ではサザエの目を盗んで服に付いた誰の痕跡なのか定かでない口紅を隠滅し、自分の仕掛けたイタズラのせいでカツオやワカメが濡れ衣を着せられているのに一人黙って真実に蓋をする挙動に、サイコパスもかくやと思わせる。死や人生について思索しようとして「だめだオレは凡人だ」と諦めるけど、はたして?

2021/10/08

いと

☆☆☆☆☆

2016/10/08

感想・レビューをもっと見る