読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クラウドガール

クラウドガール

クラウドガール

作家
金原ひとみ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-06
ISBN
9784022514448
amazonで購入する

クラウドガール / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

金原ひとみは、新作中心に読んでいる作家です。芥川賞W受賞以来の金原ひとみと綿矢りさの共演。まずは金原ひとみからです。母親の死からバランスを崩していく姉妹、現代の女子高生、女子大生の生態を反映しているのか解りませんが、ある意味狂気の世界です。私も姉妹に挟まれ、妻も三姉妹なので、姉妹の関係はある程度理解していますが、所詮有名作家や有名女優の我が儘な子供達の話にすぎなかったような気がします。美人女子高生でも、スマホで殴り掛かってくる女はやだなぁ。気を取り直して、次は綿矢りさの「私をくいとめて」に行きます!

2017/01/25

🐾Yoko Omoto🐾

誰かと何かを共感し合うことを厭い、常に絶望感を抱いていた母と、その姿にそれぞれ異なる母親像を見てきた姉妹。面白味のない真っ当なだけが取り柄の合理主義と自己を評する姉、独特な思考回路を持ち、瞬間の感情に生きる奔放な妹。母親に起因する確執や嫉妬、歪に崩れかけた精神の均衡、呪縛と孤独。今の自分から脱したいともがく姿が、痛々しく息苦しい。誰とも溶け合えない孤立感を抱え、でも誰かと溶け合いたいと渇望する思い。姉妹の関係性よりも、精神的孤独の切なさが心に残った。ラストはやや無難に纏めすぎた感があるが面白かった。

2017/03/07

ケンイチミズバ

幼い姉妹の目に焼き付いた母親の死が自殺だったのか病死だったのか曖昧なままなのは仕方のないことだが、姉妹で食い違う記憶が謎のまま。トラウマが影響して成長した理有と杏は二人とも個性が強く危うい。やんちゃな男子、誠実な青年、大人の男が登場するが男性は彼女たちを支えきれないだろう。姉の心の支えは他界した父親だし、妹の心の支えはそんな危うい姉だ。何より真っ先にカウンセリングに行くべきだな。倒錯やPTSDの世界が実に面白くなかった。子供心に怖いと思わせる造形のぬいぐるみに一番気が引かれた。実在するなら欲しいかな。

2017/02/13

zero1

何が本当で何が嘘か?16歳の杏は飲酒や夜遊びなど、やりたい放題。冒頭で彼氏の浮気発覚、暴れる。姉の理有は20歳の大学生でしっかり者。留学先のマレーシアから帰ってきた。離婚後に急死した作家の母親。この母親の死が大きな意味を持つ。もうひとつ、父性の不在も大きい。20歳で「蛇にピアス」で芥川賞作家となった金原。娘とフランスで生活しているが、杏は作者の分身ではないかと考えつつ読んだ。金原には小説という表現の場があったが、もし無ければ、杏のようになっていた?終盤に明かされる事実は読めなかった。

2019/02/16

風眠

姉妹、母娘、父娘、育ちの呪縛を描いている物語だけれど、本当のテーマは「寂しさの闇」なのだろうと感じた。奔放で病んでいる母親、離婚して海外で暮らしている父親。両親から充分な愛情を与えられなかった姉妹は、互いに反感を抱きながらも依存している。それぞれの言い分、抱えている闇の果てしなさ。その根底にあるのは満たされない心の乾き。ひとつ、またひとつと、明かされていく真相に、え?えっ?となりながら、読ませる構成が素晴らしい。母親の死を隠蔽した事で、姉妹の間に「秘密」という名の共依存が生まれる。埋まらない寂しさの物語。

2017/04/16

感想・レビューをもっと見る