読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゼロ・アワー

ゼロ・アワー

ゼロ・アワー

作家
中山可穂
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-02-07
ISBN
9784022514547
amazonで購入する

「ゼロ・アワー」の関連記事

なぜノンフィクション『極夜行』と桜木紫乃の『裸の華』がウイスキーにあうのか? 【書評家・杉江松恋さん×書店員・新井見枝香さん】

 ひとりオフの時間に、ウイスキーを片手に燻したような香りの余韻に浸りながら、読書という「航海」に出る。そんな至福の夜を過ごすのにぴったりの本を書評家の杉江松恋さん、書店員の新井見枝香さんに紹介してもらいました。

――お2人はふだん、ウイスキーは飲まれるんですか。

杉江松恋氏(以下、杉江) 好きですね。というのも、僕の父親は北海道の余市生まれなんですよ。ニッカウヰスキーの蒸溜所があるのと同じ場所。見学に行ったこともありますし、実家にはニッカのウイスキーが日常のものとして置かれていました。大人が飲むビール以外のお酒といえばウイスキーというイメージだったから、大学生になって飲むようになると、自分のヒップボトルを買ったくらい。

新井見枝香氏(以下、新井) 私はお酒に縁のない家庭で育ったんですが、高校を卒業したあと、幼なじみが水商売の世界に行きまして。あるとき、出世した彼女が六本木で勤めることになって、お店で水割りを作ってもらったんです。そこで、煌びやかなお店でウイスキーを飲む大人のかっこよさ、みたいなものに触れて以来、憧れのお酒です。ショーパブに行くのが好きな…

2019/5/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

ゼロ・アワー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

巨峰

タンゴを踊る美貌の殺し屋ハムレット。彼に両親と弟を殺された10歳の少女新垣広海は、アルゼンチンに住む祖父に引き取られる。その祖父には大きな秘密があった。広海が大人に育つとき、ブエノスアイレスに復讐の銃弾が舞い、男と女がタンゴで舞う。中山さん初めての非恋愛小説で犯罪小説だけど、登場人物は、彼女がこれまでずっと描いてきた刹那的な悲しさをどこか湛えている。そう広海はまるで王子ミチルのようだ。

2018/12/24

ゆみねこ

夏休みのバレエ教室の合宿中に、両親と幼い弟をプロの殺し屋・ハムレットに殺害された広海。アルゼンチンの祖父のもとに引き取られ、やがて彼女もプロの殺し屋になり復讐の機会を狙う。面白かったけれど、もうちょっと殺し屋の元締めのことや組織のことが知りたかったかな。猫のアストルが良い味でした。

2017/04/09

keroppi

「ビブリア古書堂の事件手帖7」から偶然の繋がりで、シェイクスピア! こちらは、シェイクスピアをモチーフとした殺し屋たち。アルゼンチンタンゴの扇情的でなぜか悲しげなリズムが全編に流れながら、テンポ良くストーリーは展開し、ページをめくる手が止まらない。復讐は、何も救いにはならないということか。猫や料理もいい味を付け加えている。確か週刊文春の書評で見つけた初読み作家さん。ラスト、多少不満は残るが、映画を観ているような味のあるエンタメ作品だった。

2017/07/25

モルク

殺し屋に家族全員を殺され、たった一人残った少女広海。祖父の住むアルゼンチンのブエノスアイレスに渡り、平穏な生活を送るはずが、祖父の過去を知りそして共に復讐を誓う。次第に二人が深みにはまっていき堕ちていく姿は辛い。なかなかのハードボイルドである。が、そこにはアルゼンチンタンゴが有効に使われている。余韻の残る演出だ。だけど女刑事はどうなったのかな。

2017/05/23

ちょりず

タンゴを愛する孤独な殺し屋ハムレットと、彼に家族を殺され一人生き残った広海。女としての幸せを捨てハムレットへの復讐のみに人生を捧げた彼女もやがて裏の世界に堕ちてゆく。情熱のタンゴに乗せた哀しい復讐の物語は、息苦しいほど心を揺さぶる。復讐でしか空洞を埋められない広海の生き方が寂しく、この世で死こそが平等だと信じ死と隣り合わせで生きるハムレットが不愛想な猫アストルに癒されていく様は人間臭くてどこか愛らしい。追う者と追われる者、二人の人生がタンゴという情熱のダンスで結ばれるシーンの美しさは圧巻。素晴らしかった。

2017/10/15

感想・レビューをもっと見る