読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒い波紋

黒い波紋

黒い波紋

作家
曽根圭介
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-06-20
ISBN
9784022514769
amazonで購入する Kindle版を購入する

黒い波紋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

曽根圭介は、新作中心に読んでいる作家です。久々の著作ですが、凄いスピード感であっという間の一気読みでした。悪い奴らばかり登場しますが、生方貞次郎の渋さが際立っていました。今回は、中編だったので、次回は長編をお願いします。

2017/09/05

いつでも母さん

暑さで頭の回転が今一つの私だからだろうか?なんだかなぁの読後感だった。亡くなった父親が持っていたビデオテープが現職の議員の過去を暴く・・いや、強請る物語。にしては『彼』との絡みがよくわからないままだったし、『家』の為には母の顔を封印する女の強い意志のみが明確ではあったが、ちょっとなんだかなぁ(二度目・・汗)だった。確かに黒い波紋が広がったけれど・・これから読む方は期待をせずにお読み下さい。期待値上げてちょっとなぁの私でした<(_ _)>

2017/07/12

ケンイチミズバ

官憲の手を逃れ続けてきた左翼の亡霊。アジトへのシンパからの送金をある殺人事件の口止め料だと思い込んでしまった刑事崩れ。そこから展開するシノギで大勢が死ぬ。世襲も三代目、バカ息子の素行で地に堕ちつつある政治家一族に最後まで仕える老獪な主人公の行動力、精神のタフネスが体の衰えをも超え、なかなかの読み応えだ。最後のご奉公のつもりがガイ・リッチ―のゴロツキ映画みたいな思わぬ展開に。義憤にかられた侍にも見える主人公が主君への忠義心と汚れ仕事にも一縷の正義感ありと狭間で見せた刃向いが余韻を引くラストでした。

2017/07/31

ゆみねこ

警察をクビになったロクデナシ男・加瀬将造は、音信不通だった実父の死を知らされ、遺品の中から金になるものを見つけた。この男が主人公なら嫌だなと思ったら、後半で元代議士秘書・生方貞次郎が登場し、話の流れが変わり、一気に面白くなった。一人の男の死によって黒い波紋が広がる。三代続いた代議士一家を守る男と女帝の話にシフトが変わってしまった?幕切れは少しモヤモヤ。。

2017/08/31

モルク

7才の時に家を出ていった父がアパートの自室で遺体で発見される。元刑事で今は便利屋のアルバイトのカス野郎加瀬は、父に毎月送られてきた謎の現金をつきとめるため部屋の整理をする。見つかったのは一本のビデオテープ。これで多額の金をゆすろうと考えついた加瀬。テープをめぐり三世の国会議員ぼんくら野郎とその母親、親の代の忠義な運転手など次から次に絡み新たな事件が起こりカスもぼんくらも…。家を守ろうとする女帝である母親の凄まじさ。次々と現れどこまでも広がっていく不穏な波。題名がピッタリ。

2019/12/25

感想・レビューをもっと見る