読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネバーホーム

ネバーホーム

ネバーホーム

作家
レアード・ハント
柴田元幸
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-12-07
ISBN
9784022515094
amazonで購入する

ネバーホーム / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

南北戦争を描くのに南軍と北軍の戦いだけですむはずはない。チラと登場した者達の心の一つ一つにも想いを向けさせるコンスタンツの語り。兵士として戦う女の苦しみより、逃げ続ける黒人女の抱える更なる地獄。それぞれが自分の語りたいことを語れば、話の辻褄が合わなくなる。それが人の間に起こる軋轢のもとだろうか。自分のもとから奪われた物を取り返しに荒野へ1人で入っていった女の話は、優しく触った男ことは伊達者アッシュの糧になったかもしれない。マッカーシーの『ブラッド・メリディアン』のように自分の中を侵食されたような読後感。

2018/02/09

yumiko

奴隷制にリンカーン、南北戦争における知識は悲しいかなそれくらい。国を二分する5年に渡る戦いに、女性もいたとは初めて知った。徐々に焦点がぼやけていくコンスタンスの姿が痛々しくて、読み進めるのが辛かった。このまま動き続けたらあなたはきっと壊れてしまうよ…と何度も声をかけたくなった。題名は造語とのこと。homeという温かな響きにneverが付くことで帯びる絶望感。我が家を遠く離れ戦うということの残酷さを、これ以上に表せる言葉はおそらく他にない。戦いから戻っても、そこはもう同じhomeではありえないだろうから。

2018/12/15

南雲吾朗

なんで今まで積んでおいたのだろう。これほど面白いとは…、もっと早く読めばよかった。南北戦争において史実で実際にあったように、男性に変装し戦争に出かけて行った女性の話。語り手のおおらかな性格のおかげで悲観にくれるような印象は受けないが戦争の悲壮感はじわじわと伝わってくる。戦争に行った者と、残された者とのギャップ。戦後の人の変容や、心と体に負った傷、それらと共に余生を過ごさなくてはならない覚悟。色々なものが感じ取れる。柴田元幸氏の訳も絶妙なので、読み終わるのがもったいないくらいにあっという間に読んでしまった。

2020/07/30

Willie the Wildcat

「Home」の定義を問い続ける旅。結びつける共通項も物心様々。主人公にとって前者が血縁、後者は軍隊。これらを縦軸とすると、横軸に親子・夫婦、上下官といった役割。加えて奴隷制も踏まえた帰郷の過程で巡り会う人々を通して振り返る「Home」。主人公が母に告げた”逃げない”でたどり着いたのが、首題という感。将軍夫妻それぞれとの交流が、主人公の心底に抱えた問いへの解を明確にした気がする。中でも、監獄での将軍との”存在論”の件が印象的。最後の場面の保安官の”思い込み”。これが問いであり解ではなかろうか。

2018/04/21

キムチ27

表題に?思うのも然り、作者の造語の様だ。作中に、この語は一切登場せず・・読み手が思い描くような筆者の技。とはいえ、平易な文に流れ 読み進むととてつもなく迷路、何?自分を見失う。気を取り直し、半ば、再度元へ。死者の中の行軍、絶えず語り掛けるバーソロミュー”tell you what"と冷たい仕うち。。。何が何だか。コンスタント・トムソが雄弁に語り姿を見せる場面は皆無、自負の素振りすら見せぬ。ラストに近づき、家が見えてくるが そこは家ではない。never home  モノローグで語る人生の節目すら曖昧な内容。

2020/12/01

感想・レビューをもっと見る