読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ギガタウン 漫符図譜

ギガタウン 漫符図譜

ギガタウン 漫符図譜

作家
こうの史代
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-01-19
ISBN
9784022515124
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ギガタウン 漫符図譜」の関連記事

『この世界の片隅に』こうの史代が“鳥獣人物戯画”を現代風にアレンジしたら…

『ギガタウン 漫符図譜』(こうの史代/朝日新聞出版) (C)こうの史代/朝日新聞出版

 動物たちのかけがえない日常を描いたほのぼの4コマ漫画『ギガタウン 漫符図譜(まんぷずふ)』が、2018年1月19日(金)に発売された。

 発売後わずか3日で重版が決定した同書は、“漫画の起源”ともいわれる国宝・鳥獣人物戯画を『この世界の片隅に』や『ぼおるぺん古事記』などで知られる“こうの史代”がアレンジした作品。登場するうさぎや猿、カエルといった動物キャラがチャーミングに墨で描かれている。

(C)こうの史代/朝日新聞出版

(C)こうの史代/朝日新聞出版

 さらに同書全体が世界初(!?)の“漫符事典(=図譜)”になっているユニークな仕掛けも。スマホのメッセージなどでおなじみの「汗マーク」や「ハートマーク」など、漫画特有の記号表現「漫符」を一つずつ事典のように著者自身が採集し、解説文を記載。そして“用例”として本編の4コマ漫画を描いている。

(C)こうの史代/朝日新聞出版

 あとがきでは「漫画の読み方」にも触れられている同書。「ソノラマ+(プラス)」では試し読みができ…

2018/2/19

全文を読む

関連記事をもっと見る

ギガタウン 漫符図譜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

漫符とは何か。漫画における表現記号?や?を指すのである。漫符の説明と用法を、漫画で描いた作品です。それを「鳥獣人物戯画」のキャラクターの日常を描いたギガタウンで紹介するのである。前置きが固くなりましたが、斬新かつ実験的な作品です。こうの史代さん特有のユーモアと暖かみを感じます。どこから読んでも楽しめると思う。ちなみに後書きの漫画も面白いです。「なんで海賊王と仲間たちのワクワクする話しとか描けんかったんて」というコマに不謹慎ながら笑ってしまった。こうの史代さんの実験的な性格が現れた作品だと思う。

2018/01/28

えちぜんや よーた

「漫符」ってはじめて聞く言葉で「何のこっちゃ」と思った。でも読んでいるといかにもこうの先生らしい作品だと思う。「ぼおるぺん古事記」のように常に漫画の新しい境地や表現技法を追究している姿勢が伝わってきた。その意気込みを日本最古の漫画と言われる「鳥獣戯画」でおなじみの、うさぎ・かえる・さる・きつねなどのキャラクターを使って紹介しているところ発想が興味を掻き立てる。1000年前から日本人に親しまれてきたキャラクターたちによって紹介された「漫符」が、1000年後も親しまれることを祈っています。

2018/03/06

♪みどりpiyopiyo♪

国宝「鳥獣人物戯画」キャラの現代版4コマ漫画♪ 現代と言ってもちょっとレトロな昭和風味。みんなのびのびチャーミングでコミカルで。■「漫符」とは、目が回ったときのグルグル、ひらめいた時の電球、 動いた軌跡の線など、漫画特有の表現記号のこと。 その漫符を1つずつ解説し、「用例」が4コマ漫画になってます。■普段マンガを読み慣れていない割には、意外や 出てくる漫符の9割くらいは分かったけれど、その用例の広さにはふむふむなるほどなのでした ( ' ᵕ ' ) (初出:2015〜17年)

2019/05/02

アウン・サン・スー・チー・そっ・くり・おじ・さん・寺

面白い!。漫画に出てくる漫符(「💢」「💨」等の記号)の解説と実践を、漫画の元祖と言われる伝鳥羽僧正『鳥獣戯画』のキャラクターで4コマ漫画に(だから「戯画」タウンか)。この4コマがまた『サザエさん』的な家庭漫画で、歳時記の様な味わいがあるのも良い。解説に堕しておらず、漫画のみを普通に読んでも楽しめる。こうの史代は『平凡倶楽部』の頃から思っていたが、本当に芸達者である。こうのさんのお母さんが漫画を読めない人だったそうであるが、連載中にお亡くなりになったそうだ。御冥福を御祈りしたい。解説文も良い。お薦め。

2018/06/16

ライマウ・フレツリー

こうのさんは異次元!どんなテーマでも、“平凡な笑い”という奇跡で物語に息吹を吹き込んでくれる。本作は、そんな本質ギャグ漫画家による、ギャグ漫画そのものへのオマージュでもあるんだろうな(^_^)

2018/03/04

感想・レビューをもっと見る