読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私小説

私小説

私小説

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-07
ISBN
9784022515407
amazonで購入する Kindle版を購入する

私小説 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

デビュー作を読んで以来の市川さんのファンです。その世界観が好きです。そんなコミュニティにも一時期入ってたな。前に新書で市川さんが発達障害と書かれて、なるほどと思った部分もありました。その脳の障害からくる体調不良についてはこの私小説の全部がフィクションで無くとも想像を絶するものです。長年に渡ってご自分と向き合い、健康を保つように並々ならぬ努力をされ、奥様のサポートなくては生きられないと言う市川さん。共依存と仰るけれどこんな2人が出会ったことは本当に奇跡なんだと思います。

2018/06/04

あつひめ

愛されている。そして愛している。奥さんの市川さんに対する想いはどこからくるのか。その想いこそが小説になりそうな気さえする。市川さんから見た社会は実に不思議としか言いようのない感情を持つ人ばかりだろう。逆に、市川さんの描く世界はとてもピュアに感じる。みんな一緒じゃなくていい。だけど、奥さんがとても心配になる。体力は?気力は?お互いの存在があれば大丈夫なのか?久しぶりに市川さんの小説を読みたくなる。今度は、描かれた環境も思い浮かべながら。

2018/11/02

dorebook

市川氏の作品がとても好き。でも新作発刊がとても遅いので調べていくうちに、一般的平均社会からの離脱者(この表現はコスイだろうなぁ)であることを自然と知り受け容れる。有難い。よくぞこの受け入れざる世界に止まり、異星人として自己認知し「まぜるな危険」の選択的発達者であることを表明する氏に、そして肉体的苦痛に耐え忍ぶ氏に、本当に素晴らしい家族、そしてそれは母から妻へ、息子へ継承される想いの幸せがこれらの作品を産みだすのだろうと私は納得している。→

2018/04/12

あおでん@やさどく管理人

自身を「選択的発達者」と語る市川さんが、その30時間あまりの出来事や思いを詳細に綴った本。「ぼくが発達障害だからできたこと」では「なぜこのような個性になったのか」という点に重点が置かれていたが、この本で「何が起こっているのか」が分かるようになっている。マッチョで闘争的なヒーロー(ヒロイン)が正義を振りかざす物語ではなく、母性的な優しさと愛があふれる物語、そしてそんな世界。ここにも、そんな世界になってほしいと願う人が、ひとりいます。

2018/03/15

はる

奥さんに対しての愛が溢れる優しい一冊。確かに行動とか食べ物とか変わってるな~って思う事もあったけど、よく考えたら食に関しては今この太古からある物しか食べないって言う健康方が見直されてるって聞いたからあながちやってる事は間違ってないのかも。それに決して口では愛の言葉を語らなくても、ちょっとした言動や行動が愛に溢れてて究極の夫婦像がここにあるって思いました。

2018/07/12

感想・レビューをもっと見る