読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

考え方の工夫

考え方の工夫

考え方の工夫

作家
松浦弥太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-10-19
ISBN
9784022515742
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

多様化する現代社会においては、「なにを、どのように、どんなふうに考えるか」を意識し、常に自身を問う「思考の工夫」が必要である。縦横無尽に活躍する著者のキャリアをベースに、自分と周囲を変えていく仕事と暮らしのヒントを紹介。

考え方の工夫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

norimaki

考える力を持ちたい。考える事で脳が刺激されて、今よりも早く自分の時間が持てたり、仕事がはかどったり、やりたくない仕事も、考え方を工夫すれば、スムーズに事が進みそうな気がした。優先順位に沿ってやっていかないと、いつまでも片付かなくてモヤモヤする。紙に書き出して、一人ブレストをし、自分と会議をする。自分の考えがまとまるし、文字は体調をも表す。アイデアがたくさん出て、それを世の中のために役に立てようと考えがある松浦弥太郎さんが好きです。編集長ならではの語り口が丁寧でとても読みやすくスッと入ってくる。

2019/02/07

Saori.

仕事の先にあるのは人。困っている人を助けることが『仕事』。

2019/01/17

みにまい

期限迫り途中まで。

2018/12/15

adustim

☆★

2018/12/14

感想・レビューをもっと見る