読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生是、途中なり

人生是、途中なり

人生是、途中なり

作家
松尾スズキ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-12-07
ISBN
9784022515858
amazonで購入する

人生是、途中なり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

aloha0307

前作は 大人の恋愛 が主題でしたが、今回は いかに生きるか...職場での生き辛さがのっぴきならぬup to my neck 己には、己だけでないのがわかって少しは安堵できました。不幸を90度転がして、別の角度から光をあて「おもしろ」を引き出す天才ですね 松尾さんは。「酒の席で仕事や人生の話を真剣にする人間のことをアホと呼んでいます」~その通りです。そんな話していいことなかったものな(自省)... 「生きることは 死 を前提の負け試合」~その真理にドキっ...

2019/02/22

あ。

客観的成功より、主観的幸せを求めた方がいい。と、指摘されないと分からない人は、他人に勝った負けたで一喜一憂することが、生きがいであり、醍醐味なんだろうな。と、勝手に想像。著者と同じく、面白至上主義者でよかったわ、自分。

2019/01/30

江藤はるは

事実は小説なり。 人生をノベライズしていこう。

2019/11/23

ぽー

またも松尾スズキの人生相談ものだけど「ふざけながらしか話せない関西人」やら「話すのも人の話すのを聞くのも苦手」など質問自体がネタ。大河に出たくなったからとクドカンに年賀状書いた事いまは失敗したと思ってるのでは…

2019/05/08

Yasutaka Nishimoto

人生相談。ふざけてではなく、親身に答えたものが多い。本のデザインに不満。著者の回答そのままを抜き出して、同じページに大きなフォントで載せることに意味があると思えない。

2019/02/13

感想・レビューをもっと見る