読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ピーク

ピーク

ピーク

作家
堂場瞬一
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-01-04
ISBN
9784022515865
amazonで購入する

ピーク / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

人生においてどこが、いつが『ピーク』だったろう・・そんなことちょっと考えた。これは野球選手だった男・竹藤と「野球賭博」でその男を永久追放させた記事を書いた記者・永尾の17年後の話から始まる物語。どちらも1年目が『ピーク』だったのかーいやいや、40才はまだまだ若い。人生のピークなど振り返るにはまだ早すぎるだろ。好きな野球の世界でのブローカーの存在とは厳しい話を持ってきましたね堂場さん。

2019/01/22

starbro

堂場 瞬一は、新作中心に読んでいる作家です。著者の真骨頂、ミステリ×スポーツ野球の闇、最近の著者の作品の中では、スマッシュ・ヒットでした。これだけ渡り鳥的な選手が多いと高校野球ブローカーは、存在しているんでしょうね。私のピークは会社に入社して当初の5年間です(笑)

2019/02/05

ゆみねこ

ルーキーイヤーに目覚ましい活躍をした竹藤と、その野球人生をペンの力で葬り去った新聞記者の永尾。17年の時を経て竹藤が殺人事件の容疑者として逮捕された。遊軍記者となった永尾が警察も見落としていた事件の真実を追う。野球というのは物語になる。

2019/01/17

keiトモニ

壮徳高校野球部コーチ田丸秀夫…“情けない男だ。壮徳高校野球部OBで働きながら野球部の練習を手伝う…鳥井監督に心酔、鳥井にすれば使い勝手のいい雑用係”☚田丸は日大アメフト前コーチ井上奨にそっくりだ。できの悪い監督の言いなりで、頭の悪さも同レベルってとこだな。田丸コーチ、あんたも井上と同じく行方不明になるのかよ。さて永尾記者、拒否する理由なく竹藤と会ったはいいがそれをカッコつけて記事にするかどうかじっくり考えたいと…。東日は朝日か。なにが新聞協会賞だ。長尾記者ご自身が思っている通り、東日史上最大の一発屋です。

2019/03/01

かんらんしゃ

★かんらんしゃは『チーム』を手に入れた。感動が2上がった。期待度が3上がった。かんらんしゃは『ヒート』を手に入れた。感動と期待度が2上がった。そしてついに、かんらんしゃは『ピーク』を手に入れた。しばしばラリホーにやられた。期待度が5下がった。★と、いうことです。

2019/02/24

感想・レビューをもっと見る