読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

帰去来

帰去来

帰去来

作家
大沢在昌
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-01-04
ISBN
9784022515872
amazonで購入する

帰去来 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

大沢 在昌は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、著者の作家生活40周年記念作品、パラレル・ワールドSF警察ミステリでした。10年もの歳月をかけて執筆した割には、可もなく不可もないレベルの普通の作品でした。著者は、現在小説宝石で『暗約領域 新宿鮫XI』を執筆しています。 https://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=104001 今年の後半には新宿鮫の新作が読めるでしょうか? 1月は、本書で読了です。

2019/01/31

ゆみねこ

連続殺人犯の捜査中に首を絞められて意識を失った刑事・志麻由子は、光和26年アジア連邦日本共和国東京市でエリート警視・志麻由子として目覚めた。価値観も体制も違う世界で彼女はどう生きるのか?「もとの世界」に戻れるのか?ちょっと切ないエンディングだけど、面白く読了。

2019/01/19

aquamarine

連続殺人事件の捜査中、何者かに首を絞められ気を失った捜査一課のお荷物、志麻由子。目を開けるとそこは、異次元の「光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市」だった。そこでは彼女はエリート警視。周りの人たちも少しずつ違っていて…。異次元に飛ばされた彼女がエリート警視としてする捜査の行方ももちろんですが、どうしてこうなったか元の世界に戻れるかなど、このページ数を自分でも驚くほどのスピードで読み進めました。異次元の部下や父親との関係や心理描写、さらには伏線回収も収束も見事で、さすがの大沢作品です。堪能しました。

2019/02/10

あさうみ

女刑事、志麻由子は死の狭間でパラレルワールドにタイムトリップする。SFな警察小説で斬新。知らぬ世界と人間関係に翻弄される由子の感情も読ませる。現実世界とパラレルワールドの人物の接点や伏線が面白かった。由子がタイムトリップした理由、里貴との関係に胸がしめつけられる。題名に納得の結末。

2019/01/12

シーズー

面白かったぁ。SFと警察小説って聞いたらちょっと、えっーどうなのよ?大沢先生と思っていたけど、さすがは大沢在昌さん。SFなんだけど途中それを忘れるし、警察モノなんだけど、それも途中忘れる…だけどちゃんとSFでもあり警察小説でもあった。

2019/02/06

感想・レビューをもっと見る