読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帰去来

帰去来

帰去来

作家
大沢在昌
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-01-04
ISBN
9784022515872
amazonで購入する

帰去来 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

大沢 在昌は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、著者の作家生活40周年記念作品、パラレル・ワールドSF警察ミステリでした。10年もの歳月をかけて執筆した割には、可もなく不可もないレベルの普通の作品でした。著者は、現在小説宝石で『暗約領域 新宿鮫XI』を執筆しています。 https://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=104001 今年の後半には新宿鮫の新作が読めるでしょうか? 1月は、本書で読了です。

2019/01/31

しんたろー

読友さんのレビューに釣られて数十年ぶりの大沢さん…現代東京都と別世界の東京市を行き来するパラレルワールドものはワクワクする設定とサスペンスの心地好いテンポに煽られ、ページが進む進む!主人公・由子の奮闘する姿を素直に応援できるし、登場人物たちも魅力的で「これが御大の味なんだなぁ」と脱帽。別世界の独特な世界観、犯人当て要素、ラブ線などサービス満載で「これぞ、日本のエンタメ!」と胸を張って言える快作…Masakoさん、ありがとう!そして、何となく避けていた『新宿鮫』シリーズも読まなくてはいけないと思わされた。

2020/03/30

みどり虫

こいつぁーおもしろいぜ!読み友さん達の絶賛レビューも納得の満足な読後だぜ!冒頭から、いきなりの展開!ええぇぇぇ〜?そんな風になる〜?私なら記憶喪失のふりして、布団かぶってメソメソするだけだと思うわ〜…などと思ったりもしていたのに、いやいやいやいや、もうね、どんどんおもしろいの!気がついたら夢中になってたの。早く先が知りたいのと、面白いからまだまだ読んでいたいのとで、後半は困っちゃったよー( ˙³˙)終わり方も好みだなぁー、いいなぁー。これ映像化してくれないかなぁー。光和時代の東京市・新宿の闇市…観たい!!

2020/06/20

海猫

帯にタイムトリップってあるが、正確にはタイムトリップじゃないよね、これ。パラレルワールド警察小説ともちゃんと書いてあるから、まあいいけど。「平成」ではお荷物扱いの女性刑事が、「光和」に飛ばされる。そこでは自分がエリート警視だったというお話。混沌とした「光和」の世界が魅力的。ヒロインが戸惑いながら警視として捜査したり、闇組織と渡り合ったり、女性の成長を描く作品でもある。後半ははっきりした「敵」との対決になりハラハラするし、ストーリーもちゃんと着地。綺麗に畳みすぎて小さく纏まりすぎた気もしたが、一気に読める。

2019/06/04

ナイスネイチャ

図書館本。パラレルワールドミステリー。結構引き込まれました。少しずつ違う世界で謎を解いていく、読んで主人公と一緒に理解していく感じで面白かった。

2019/06/30

感想・レビューをもっと見る