読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マジカルグランマ

マジカルグランマ

マジカルグランマ

作家
柚木麻子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-04-05
ISBN
9784022516046
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

正子は75歳の元女優。携帯電話のCMで再デビューを果たし、順風満帆かと思いきや、ある出来事をきっかけに事務所を解雇され、急遽お金が必要な状況に。周りを巻き込み、逆境を跳ね返す生き方はマジカルグランマ(理想のおばあちゃん)像をぶち壊す!

「マジカルグランマ」の関連記事

好みの表紙から本を選ぶ! “ジャケ買い”のススメーー黄色い表紙編

 本との出会いは一期一会。何の気なしに本屋さんやネットで本を探していて、ふと出会ってしまう素敵な表紙の書籍。心をグッとつかまれたならそれは「買い」で間違いなし! 本稿では、ダ・ヴィンチニュース編集部がオススメする、“ジャケ買い”してハズレなしの作品のうち、黄色い表紙の作品をご紹介。

31歳で亡くなった梶井基次郎の『檸檬』 あ、丸善にレモンを置く話? 「桜の樹の下には屍体が埋まっている」で始まるあの話も収録

『檸檬 (280円文庫)』(梶井基次郎/角川春樹事務所)

『檸檬 (角川文庫)』(梶井基次郎/角川書店)

『檸檬 (新潮文庫)』(梶井基次郎/新潮社)

 読み返せば読み返すほど、さらに魅力が増していく本がある。特に教科書に載せられていた名作の数々は大人になってから読み返してこそ、じわじわとその魅力が感じられるものだ。その最たるものとして挙げたいのが、梶井基次郎の『檸檬』。「ああ、丸善に檸檬を置く話ね」と侮ってはいけない。ひとたび本を開けば、作者の感性に圧倒。作品の力に思わず魅せられてしまうことだろう。

『檸檬』の文庫版は梶井基次郎の短編集となっている。特…

2019/11/1

全文を読む

関連記事をもっと見る

マジカルグランマ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

柚木麻子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。タイトルから予想していた展開を良い意味で裏切られ一気読みでした。マジカルグランマが活躍すれば日本の超高齢化社会も期待が持てるかも知れません。シリーズ化もあるでしょうか?

2019/05/14

ウッディ

元女優で75歳の正子は、先輩女優の助言で銀髪にし、スマホのCMに起用されブレイクするが、映画監督でもある別居中の夫の死への対応が冷たいとバッシングを受ける。開き直った正子の起死回生の浮上策とは?野心も枯れ、悠々と余生を過ごすという老女のイメージからかけ離れたギラギラした主人公、そして、柚木さんらしい予測不能なストーリーでした。同居した杏奈とのギスギスしたやりとり、自宅をお化け屋敷にする行動力など、ステレオタイプとは真逆の主人公と物語に振り回された感じでしたが、それこそがこの小説のテーマなのかもしれない。

2019/10/02

うっちー

おじいちゃんよりおばあちゃんの方がやっぱり元気です

2019/05/06

hiro

芥川賞を受賞した『おらおらでひとりいぐも』から、青春小説に対して“玄冬小説”というカテゴリーの小説を意識しだした。窪さんの『トリニティ』、そしてこの『マジカルグランマ』と、高齢者の女性が主人公の作品と続けて読んだ。もちろん主人公が高齢者の場合は、過去を振り返ることが多くなるが、しかし柚木さんが描くグランマ・正子は、前向きでパワフルだった。家庭内離婚状態の夫が亡くなり残した借金が、今話題の“2000万円”だったのには笑ってしまうが、その借金にも負けない高齢者とは思えない正子から力をもらえた作品だった。

2019/06/15

のぶ

ユニークなおばあちゃんの話でした。主人公は元女優で結婚してすぐに引退した75歳の柏葉正子。夫とは家庭内別居で、永年口を利いていない。そんな時、夫が突然の死んでしまう。夫には二千万の借金があり、家を売ろうにも解体には一千万の費用が掛かる判明する。そんな状況の中、自宅をお化け屋敷にして、資金を回収しようと思いつく。とてもコミカルな物語で、その部分は楽しめる作品だが、中心になる正子があまり前面に出てこなくて、キャラクター造形が薄い。もう少し正子の人物像が分かれば、より楽しめたと思うのだが。

2019/05/03

感想・レビューをもっと見る