読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術

作家
山口周
水野学
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-03-19
ISBN
9784022516732
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

まあまあ。戦略アドバイザーとクリエイティブディレクター二人の対談本。商品・サービスにおいて「役に立つ」ということがあまり響かなくなった世界では「意味がある」ということのほうが大事なのではないか。そして自分たちが提供するものに意味を持たせるためには世界観…すなわ「物語」と「ビジョン(これをつかうとこうなるよ、というイメージ)」が大事なんじゃないかという話。なるほどなと納得できることは多い。どうすればいいかはわからないけど。

2020/04/03

ミライ

「くまモン」の水野学さんと、数々のベストセラー本を出している山口周さんの対談ということで期待大の一冊。テーマは「世界観について語る」で、マズローの欲求5段階説からはじまり、水野さん・山口さんの考える意味・物語・未来の作り方が語られる。話題は矢沢永吉からスティーブ・ジョブス、エルメス、パタゴニア、バルミューダまでビジネス、経営、デザイン、アートなんでもありなかんじでエンタメ感満載で非常に面白い。ガッツリしたビジネス本形式ではないので、サクっと読める。

2020/03/29

まさひろ

細かい部分は「それは違うでしょ」「こういう可能性もあるんじゃない?」とツッコミを入れたいのだが、お2人とも楽しそうに話してるから「まぁいっか」となる(笑) ビジネスとは関係ない話や著者らの趣味が前面に出てる話もたくさんしているので、ビジネスにあまり触れて来なかった人や単純に著者らが好きな人は読むと楽しいと思います。

2020/08/13

アコ

対談本。おもしろかった!日本の現状を軸にビジネスや文化・アートなど多分野について語り合うなかで〈世界観〉が浮かび上がってくる形式も新鮮。/いまの日本は『「役に立つ」を追求して完全に行き詰まった状況』とし「役に立つ」から「意味がある」ことへのシフトチェンジが必要だと分析。/〈世界観〉で最も印象に残ったのがスタバ。組織的なガバナンスが下手な日本において〈世界観〉の成功例に良品計画を挙げているのもわかりやすい。◆目指す〈世界観〉に向けて細部まで徹底的に最適化ができているからブランド化できる。

2021/01/18

Tenouji

久々の読書。紙ではなくて電子書籍だったが、刺激的な対談本。概ね世の中は「意味のある」世界の方向に動くのだろうが、その時間的スパンは、実際いかほどのものだろうか。確かビルゲイツも未来イメージの書籍を出していたはずだが、テクノロジーユートピアが来るのではなく、バランスが崩れたデストピア的な世界観を乗り越える必要があるような…(NETFLIXの見過ぎw)

2020/05/12

感想・レビューをもっと見る