読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

身のある話と、歯に詰まるワタシ

身のある話と、歯に詰まるワタシ

身のある話と、歯に詰まるワタシ

作家
尾崎世界観
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-06-19
ISBN
9784022516879
amazonで購入する

「身のある話と、歯に詰まるワタシ」の関連記事

【尾崎世界観インタビュー】濃密な対談が照らし出す、言葉を交わすことのかけがえのなさ『身のある話と、歯に詰まるワタシ』

 濃密な対話だ。ロックバンド・クリープハイプのフロントマン・尾崎世界観が、『小説トリッパー』で行なってきた対談連載が一冊にまとまった。ここに収録された対談はすべて、尾崎と対談相手、それに構成を担当するライターの3人だけで―すなわち〝密室〟で―収録されたという。

尾崎世界観 おざき・せかいかん●1984年、東京都生まれ。ロックバンド・クリープハイプのボーカル・ギターを務める。2012年、『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。16年に半自伝的小説『祐介』を上梓し、執筆活動でも活躍。著書に『苦汁100%』、『苦汁200%』、『泣きたくなるほど嬉しい日々に』、千早茜との共著に『犬も食わない』がある。  

「インタビューを受けるときに、現場でパソコンをいじっている人がいたりするじゃないですか。それがすごく苦手で、興味がない人に聞かれたくないと思っていたんです。会話は、その場に5人いたら5人分の言葉に薄まってしまう。今回は文芸誌での対談連載だったので、いい意味で閉じた空間の中で、相手が自分だけに言葉を出してくれるような状況でやり…

2020/8/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

身のある話と、歯に詰まるワタシ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカユキ

「クリープハイプ」の尾崎世界観さんが色々なジャンルの輝いている人たちとの対談集。やはり自分は神田伯山先生が、まだ二つ目時代の松之丞時代の対談に一番に心が牽かれてしまう。自分の今の立ち位置に満足しないという事。常に疑問を持つ事。才能とは一体、なんだろうか?という事。決して満足しない貪欲な二人。アントニオ猪木さんの言葉で「お客さんの為になんて嘘だ。自分を世間に突き刺したいんだ」という事を体現している人たち。一つのジャンルを引っ張る事の覚悟を感じる一冊。かなり突き刺さりました!

2020/07/05

鱒子

尾崎世界観の対談相手: 加藤シゲアキ、神田伯山、再果タヒ、金原ひとみ、那須川天心、尾野真千子、椎木知仁(以上敬称略)。各分野で独自の光を放つ、色気のある人たちばかりですね。著者はわたしにとって、こじらせている魅力的な人。これからも見続けていたい人です。

2020/07/13

宇宙を描いた壮大な曲?星の歌?それがリアルになる尾崎世界観は全く想像つかないけれど…。その瞬間にあのバンドは終わったって思うのかな、可哀想だからもう少し我慢して聴いてあげようって思うのかな。彼にはずっと『余計なお世話だよ、ばーか』って歌っていてほしいよ。2020.06.30

2020/09/15

ふっかー復活委員長

【ジャニーズは傷の見せ方にもサービス精神が出てしまう(尾崎世界観×加藤シゲアキ)】ある時「集中力ないから、読書はしないんです」とキッパリ言われて(えっ、読書って集中しなきゃいけないの...)って絶句した。尾崎さんと金原ひとみさんが《意志なんてほとんどない》と話しているのを読み、そんな苦い記憶がよみがえった。あるいは、理由を求めたがる社会への違和感を描いた、朝井リョウさんの『健やかな論理』とか。

2021/04/01

akarick777

7つの化学反応。引き込まれました〜。全く違うタイプの方なのに感覚が似ている所があったり、一見似ているタイプかと思いきや真逆のアプローチで言葉を繋いでいたりと、いろんな発見がありました。何より、尾崎さんっていう人をもっと知りたいと思いました。自分の感情に真摯に向き合ってて、ダメなところもさらけ出し、ちゃんと美学がある。クリープハイプ、聴くぞー!

2020/12/29

感想・レビューをもっと見る