読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オチビサン 10巻

オチビサン 10巻

オチビサン 10巻

作家
安野モヨコ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-06-18
ISBN
9784022516909
amazonで購入する Kindle版を購入する

オチビサン 10巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『オチビサン』は安野モヨコにとって、特別な作品だ。過労で漫画を描くことから離れていた時期も、『オチビサン』だけは連載を休まなかったのを知った時、この作品は彼女にとって救いとなっているのだなと痛感したものだった。特別で、救いとなっているのは、だが彼女だけではない。それは読者にとっても同じことだ。日本の四季を背景に、オチビ達が自然と触れ合うこの漫画は、確かに読者の癒しになっていた。あとがきで安野が書く「失われたものの国」を描く作品の、その失われつつある実感が、だからこそ愛おしさを覚えさせた。(つづく)

2021/08/08

kuchen

最終巻とのこと。残念で寂しい。季節の移ろいの中での喜びや寂寥感、豆粒町のみんなのほのぼのとしたやり取り、抑えた色合いも、全て好きだった。本を開けばオチビサンたちにいつでも会えるけれど、みんなと新しい発見を共有したかったなあとも思う。

2021/06/26

ももかおるん

氷になったり、ざくろの実にらくがきしたり、落ち葉の山に飛び込んだり、お外であつあつのお汁粉食べたり。四季の移ろいをオチビサンをとおして愛おしく感じました。かわいい、かわいいオチビサン( *´艸`)♡ ナゼニ、パンくいなど、どのキャラクターもみんな好き♡ これで終了なんてさみしいよぉ(T_T)

2021/09/29

おりひら

最終巻。オチビサン達は、今日もどこかで、何かを見つけて、何かに触れて、笑ったり怒ったり泣いたり驚いたり感動したりしているんだろうな。行った事あるはずないのに、どこか懐かしい、そんな雰囲気が好きだったので、また気まぐれにでも、オチビサン達の話しをかいてほしです。

2021/06/29

ナナシ

最新刊やったーー!と思えば後書きで連載終了を告げられて愕然でした。確かに疲れている時はストレス解消の為の娯楽にすら手をつけられない時がある。そんな時にこのおチビさんはぼーっとしながら眺めるだけでも良い本。 死ぬまで手元に置いて、時々読み返したい良い本だった。おチビさんと豆粒町の皆んなの生活がこれからも続いていきますように。

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る