読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

fishy

fishy

fishy

作家
金原ひとみ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-09-07
ISBN
9784022517135
amazonで購入する Kindle版を購入する

fishy / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

金原 ひとみは、新作中心に読んでいる作家です。fishyなので「水魚の交わり」かと思いきや、女性ならではのドロドロとした如何わしい関係でした。純粋な草食男子は、女性嫌悪に陥るかもしれません(笑)少し桐野夏生っぽい雰囲気もありました。【読メエロ部】

2020/09/17

ウッディ

臆病な美玖、堅実な弓子、自由なユリの3人は、年齢や職場、性格も違うのに集まってしまう飲み仲間。結婚したばかりの男と不倫をして、妻から慰謝料を請求された美玖、夫が不倫をして離婚を切り出された弓子、そして理想的な結婚生活に映るが、奔放に恋を重ねるユリ、批判の矛先が自分になった時、反発しあうが・・。女子会の光と闇を盗み見するような面白さがあった。容赦なく吐き捨てる鋭い言葉を無神経と思うか、潔いと思うか、心の傷に直接触れない態度を優しさととらえるか、不気味ととらえるか、女の友情の奥深さを垣間見たような気がします。

2021/04/24

よつば

タイトルの『fishy』は「怪しい・いかがわしい」を意味する。気が置けない友人同士であっても自分の100%を曝け出す人はいない。作中に登場する三人の女性達も明け透けに語っているようで心の奥底にひた隠しにしているものがある。「人が三人集まると邪悪な社会が出来る、友達だと思った事はない」と言い切るユリから発せられる言葉の数々は二人を目の前にしても辛辣で残酷で非情だ。登場人物の言葉を通し作者の生への執着が過酷さと混然一体となり伝わって来てこの世の諸行無常を痛感する。軽い気持ちで手に取ると、その破壊力に遣られる。

2020/09/24

なゆ

金原さんの小説は、切れ味鋭い言葉の刃が絶え間なく飛び交うよう。グサグサ来る文章だらけ。ストレートすぎるあけすけな単語にも怯むけど、でも読まずにいられない魅力もある。特に仲が良さそうにも見えない飲み仲間の女3人。不倫の恋にズタボロな美玖、サレ妻で離婚を迫られてる弓子、理論武装で言いたい放題自由奔放のユリ。よくこんなんで一緒に飲んでられるなーとしか思えない会話だが、それぞれどこへ向かうのかは非常に興味深い。一番複雑な立場の弓子が読んでて苦しかった。一見、穏やかなラストのように思えるが、ほんとにそうだろうか?!

2020/10/30

パトラッシュ

久しぶりに読んでいて不快になる小説に出合った。登場人物すべてが人間関係で風俗勤めや離婚調停に陥るなど痛い目に遭いながら、それでも他人との結びつきを求めてやまない学習能力ゼロぶりにあきれた。しかもユリが爆発して暴力を振るったように主役の女たちが壊れていく結末かと思いきや、最後はまた男とくっついてめでたしめでたしとは。「地獄とは他人」(サルトル)なのだから、その地獄を徹底的にさまよう物語で一貫すれば面白くなったものを。女流作家は不幸な女を書きたくなかったのか、金原さんも『蛇にピアス』に比べれば甘くなったのか。

2021/01/27

感想・レビューをもっと見る