読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パンダの丸かじり (丸かじりシリーズ43)

パンダの丸かじり (丸かじりシリーズ43)

パンダの丸かじり (丸かじりシリーズ43)

作家
東海林さだお
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-11-20
ISBN
9784022517357
amazonで購入する Kindle版を購入する

パンダの丸かじり (丸かじりシリーズ43) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネギっ子gen

愚生は、本著者こそ日本国お笑いエッセイ界に燦然と輝く巨星であるばかりか、現代日本文学界の卓越した名文家であると断言するに吝かでないと堅き信念を有する者であるが、それにしてもショージ殿、傘寿過ぎてなお旺盛な食欲失わずに丸かじり続けるとは、恐れ入谷の鬼子母神、びっくり下谷の広徳寺、そうで有馬の水天宮、志やれの内のお祖師様、嘘を築地の御門跡。「空豆で生ビール」で、やってますねと。「バーミヤンで立ち往生」での、<ぼくはこのところ肝臓を患っていて、アルコールのたぐいはご法度に>の記述に、ま、そうなるでしょうねと。⇒

2021/01/24

なたね

かつて、「ワニ」とか「タヌキ」の丸かじりってのもあったからと自分に言い訳をしつつも、でも、ワニはステーキだし、タヌキはタヌキ汁があるからなあ。シリーズの根幹に関わる問題じゃないだろうか。■しかし、それは編集者が悪い。■巨匠に意見するのは、半端な勇気じゃないでしょうが、■森昌子の「せんせい」を持ち出したら、注意してください。■久住昌之氏から時々ピンチヒッターに出てもらったらどうだろうか。■歯で栓を開けられる特技を持つ山田、は笑った。■(コーンフレークは)ゴミ屑にしか見えない、とかも好き(ミルクボーイ)。

2021/01/18

prime

パンダの丸かじり? なんぞや!東海林さんの切り口が違いますねぇ。読むとほのぼの… もう43冊…毎回読んでますけど以前の内容の丸かじりの記憶がなくなってるけど😅。でも刊行されるたび読みたくなるこのシリーズの魔力! もう、続く限り読みます!

2021/01/17

犀門

No.036★★★★★東海林さんともあろう方が関東で紅生姜のかき揚げを見た事ないですと??。三ノ輪辺りの商店街で大人気でっせ、行ってみなはれw。

2021/04/07

たくちゃん

作者は80を過ぎても食への探求心を持ち続けるのが凄いと思う。このシリーズがどこまで続くのか最後まで見守りたいと思っています。

2020/12/27

感想・レビューをもっと見る