読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北条五代 (下)

北条五代 (下)

北条五代 (下)

作家
火坂雅志
伊東潤
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-12-07
ISBN
9784022517388
amazonで購入する Kindle版を購入する

北条五代 (下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、800頁超、完読しました。やはり火坂 雅志執筆の第一部が良かった。火坂 雅志の完作でないことが大変残念ですが、伊東 潤が上手く纏めて完成させた感じです。北条五代100年の栄枯盛衰の物語、戦国時代の北条氏は、鎌倉幕府の末裔だとばかり思っていました。史実はどうかは解りませんが、北条の血筋を巧みに利用しただけのようです。改めて、火坂 雅志の逝去が大変残念です。心よりお悔やみ申し上げます。 https://itojun.corkagency.com/new-book/3012/

2020/12/30

とん大西

早雲から興った北条氏百年。関東管領、義元、信玄、謙信、信長、家康、秀吉…立ちはだかった数多のツワモノども。正にその栄枯盛衰は時代世代を超え英傑達としのぎを削り続けた戦国のアーカイブ。他の作品ではあまりみかけない氏綱や氏康の登場はさすがに嬉しかったぁ。新興勢力と旧体制に苦心しながらも北条家の威勢を維持し続けたのは、やはり名君だったんでしょうね。信長や秀吉の勃興で時代に取り残されつつあった4代氏政。瓦解していく老いた家…そして太虚に帰す。最後はやはり哀愁が漂います。

2021/01/11

ポチ

火坂氏の残された資料が少ない中、伊東氏が上手く取り纏め、北条五代100年が出来た。ただ、後半の伊東氏の執筆部分を読み進めていくうちに、やっぱり火坂氏の作品が読みたかったなぁと思った。

2021/01/06

サケ太

凄まじい。戦国時代の最初から終わりまでを駆け抜けた後北条氏。祿壽應穩を守り抜く為に懸命に動く当主や家臣たち。『義を守っての滅亡と、義を捨てての栄華とは天地ほどの開きがある』しかし、時代の波は容赦なく関東を、北条氏を飲み込んでいく。どの当主たちも磐石とはいえなかった、それぞれの奮闘があり、苦悩があった。早雲から始まり、氏綱、氏康、氏政、氏直と善政が受け継がれ、それは旧臣たちによって継承されて残ることになる。正しく大河。壮大な物語。火坂さんから伊東さんへ物語が受け継がれたのも、感慨深さがある。

2020/12/25

まえぞう

戦国の始まりの早雲から秀吉の小田原攻めまで、北条の五代が描かれます。火坂さんのご逝去を受け伊東さんが引き継いだ物語です。次第に大きな所帯となり、失うもの、守るべきものが増えていくなかで、身動きが取り辛くなっていく流れがよくわかります。それが最後の小田原評定につながるわけですが、全体としては五代の当主其々がかっこよく物語られていると思います。

2020/12/13

感想・レビューをもっと見る