読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

何とかならない時代の幸福論

何とかならない時代の幸福論

何とかならない時代の幸福論

作家
鴻上尚史
ブレイディみかこ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-01-20
ISBN
9784022517418
amazonで購入する Kindle版を購入する

何とかならない時代の幸福論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

鴻上尚史さんとブレイディみかこさんの対談集。「みんな仲良く」「絆」「世間と社会」もう共感しまくりで付箋だらけになっちゃった。同調圧力ってほんと息苦しい。世間では同じ時間を共に過ごすことが大事。だらだら続く会議は議論することよりいっしょにいることが重要。知らなかったけどズーム画面ではどこが上座か問題ってあるんだね。変えていくには教育が大事だと思うけど、鴻上さんが言うようにランドセルとリクルートスーツが当然と思われてる限り日本は変わらないんだろうなぁ。

2021/02/28

みかん🍊

イギリス暮らしのフレンディーさんと鴻上さんの対談集、日本は他人に親切で安全な国と思っていたが、それは世間つまり自分の知っている周囲の人々に対してだあって社会、知らない他人には冷たい、「同調圧力」人と同じ事をして同じ考えでいないと生きづらい今の日本、他人に強く物事を言えない日本人だがTwitterで匿名なら平気で誹謗中傷をする、窮屈で理不尽な校則で縛られて来た若者は考える、議論するという事が出来なくなっている、後半のコロナの時代について書かれているが、日本人も考え方を変えていかなければいけない時代。

2021/05/28

ひこうき雲

もういいよ。社会と世間、同調圧力の話は。日本の「ここがおかしい」ではなくて、こんな何とかならない時代に、どうやったら幸福になれるかもう少し語ってくれないと…そこは自分の頭で考えることが大切!と言われても…

2021/04/17

エピファネイア

多様性の時代にはエンパシー(相手の立場になって考える能力)が重要という点は同意。英国は教育に相手の立場になって考えるスキルを身につけるためにロールプレイ(演劇教育)を導入している。一方、日本は一夜漬けで何とかなる教育が主流で、正解がないテーマに意見を表明する場はほぼない。この差は大きい。大事なのは、常により上位の目的を考えること。教育のより上位の目的は何だろう。教育に携わる方にはこの問いを自分に投げかけ続けてほしい。そして、人類の最上位の目的を考えれば、プーチンがやっていることは愚挙としか言いようがない。

2022/03/20

アキ

ブレイディみかこと鴻上尚史のNHKスイッチインタビューがI部で、II部で後日の対談を載せる。そもそもブレイディがイギリスで鴻上の人生相談を読んでいて対談を希望したが、鴻上も演劇で英国への留学経験があり、対談で英国と日本の違いがよくわかる。ブレイディの息子の一言「日本人は社会に対する信頼がない」は、鴻上が残りの人生のテーマにするという程的確である。英国と日本の教育の違いにため息が出る。英国の価値観はデモクラシー、法の支配、多様性、言論の自由の4つだと。日本は根回しと情と絆の国。世間と社会とが分断された国。

2021/02/20

感想・レビューをもっと見る