読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説『火の鳥』大地編 (下)

小説『火の鳥』大地編 (下)

小説『火の鳥』大地編 (下)

作家
桜庭一樹
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-03-05
ISBN
9784022517449
amazonで購入する

小説『火の鳥』大地編 (下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

昨日に続いて下巻、上・下巻、600頁弱完読しました。私の火の鳥のイメージとは異なりましたが、近代日本SF歴史ファンタジーとして楽しめました。本作は、手塚治虫+浅田次郎といった感じでした。私の世代で『火の鳥』と言えば、科学忍者隊ガッチャマンの科学忍法「火の鳥」の方が知名度は高いですが、何時か本家の『火の鳥』も読みたいと思います。 https://tezukaosamu.net/jp/anime/147.html

2021/03/29

keroppi

消え去った過去は、現実には再び訪れることはない。亡くなられた手塚治虫は、復活することはないし、新たな「火の鳥」が描かれることはない。しかし、桜庭一樹は、わずかばかり残った手塚治虫の遺稿をもとに新たな「火の鳥」の世界を創り出した。炎の中から「火の鳥」が蘇り羽ばたくように。過去から未来へと続く時間の中で幾多の人間の欲望と失望と希望を見続けてきた「火の鳥」は、この戦争の大地でも人間たちを見つめていた。もしかしたら、今後も新しい羽ばたきを見せてくれるかもしれない。今、無性に手塚治虫の漫画を読み返したくなっている。

2021/03/26

鱒子

図書館本 太平洋戦争を題材にした、風雲急を告げる下巻。溜め息を吐きつつ息を呑みつつ、夢中で読みました。手塚さんが構想した原稿用紙2枚半弱が巻末に掲載されています。たったこれだけから作品を構築するとは!総じて言うと、本作は予想以上の「火の鳥」でした。この作品に手を出すのは作家としてリスキーだったでしょう。桜庭さんありがとう!一読者として、敬意と愛と感謝を捧げます。

2021/04/12

ぐうぐう

火の鳥は傍観者である。時々、気まぐれからか、人に接触することはあるが、基本、世界を眺める立場をわきまえている。ゆえに『火の鳥』は、火の鳥に魅せられ、踊り、翻弄される人間の欲の物語だ。桜庭一樹はそのことを充分に理解し、火の鳥の力を使って歴史を何度も改竄する人間達を、滑稽に、そして愛おしく描いている。シリーズを通して背負わされる猿田の業も、この『大地編』でしっかりと描くことを忘れない。間久部緑郎は『未来編』のロックより『バンパイヤ』のロックに近いことが嬉しい。(つづく)

2021/03/29

活字スキー

【すべては時の狭間に消えていったが、愛は残る。なんて楽しい時間だったろう。生きろ。キミは未来へ】火の鳥の力に魅せられた人々の思いが交錯し、時は巡り続ける。英国の介入により清に破れる日本。レーニンを暗殺したことでさらに外交的な苦境を招く日本。山本五十六が殺され、東条英機は自害し、秘密結社「鳳凰機関」はより個人的な欲望を加速させてゆく。勝利の歓声が、絶望の嘆きが、そして万歳が響きわたる歴史の波涛。

2021/03/13

感想・レビューをもっと見る