読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うらんぼんの夜

うらんぼんの夜

うらんぼんの夜

作家
川瀬七緒
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-06-07
ISBN
9784022517593
amazonで購入する Kindle版を購入する

うらんぼんの夜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

川瀬 七緒は、新作中心に読んでいる作家です。夏のこの時期に相応しい、因習根深い閉塞感漂う村を舞台にしたホラーミステリー、令和の今でもこの様な村は存続しているのでしょうか? https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22938

2021/07/18

machi☺︎︎゛

初読み作家さん。主人公は4時間に1度しかバスが来ないような田舎村に住む高校生の奈穂。そんな閉鎖的な村が嫌で嫌で仕方ないけど家を助ける為に農作業や家の仕事を手伝う日々。そんな時東京から母子家庭の一家が越してくる。その娘、亜矢子と仲良くなるがそれから何かがおかしくなる。昔から伝わる村の伝統、決まり事、差別。それにホラー要素も加わり今の時期にピッタリの本だった。最後の亜矢子のセリフに鳥肌が立った。

2021/07/17

nobby

何とも嫌悪でいっぱい…物語全般で感じる嫌悪…読み終わってまた嫌悪溢れるばかり…まさに閉鎖的な田舎の村でのよそ者への排除、コロナ禍な風潮も交えた描写も覚悟していたが、村八分や女性蔑視がずっと繰り返されるのに辟易…村の誰もが崇拝する地蔵とか爺さん婆さんが不気味に暗躍する雰囲気は嫌いじゃないからもったいない…とにかく、ばかばかしくて腹が立つと同時に悲しすぎる… 虫や獣へのアプローチ伏線回収はサスガ!最後で目にする捻りや衝撃はあれど、やっぱり嫌悪しか残らない…ラストでいきなりホラー展開もゾッとはするけど放置だし…

2021/07/22

ちょろこ

ラストは困るの一冊。ごめん。無理。意味わかんない。主人公の女子高生奈穂と一緒に何度もこれらの言葉が頭に渦巻く。田舎の老人が支配するある意味一つの絶対社会。エンドレスとも言える陰鬱、理解しがたい世界にうんざり。そんな奈穂に都会からの転校生 亜矢子はまさに神、眩しい救いの光だ。そんな二人に忍び寄る不気味で不可解な出来事。嫌な予感。まさか…。あぁ、ごめん、無理。そんなこと聞かされても困るが渦巻く。奈穂の見事な決意には清々しい拍手だけれど…これまたラストは困る。これ、一体どうすれば良いの⁇やっぱり、ごめん、無理。

2021/07/24

よつば

福島県の大百舌村を舞台に繰り広げられるホラーミステリー。因習根深い閉塞感漂うこの村で育ち、都会に焦がれる高校生の奈穂が主人公。よそ者を忌み嫌うこの村に、東京から同い年の北方亜矢子が移住して来た事から物語は動き出す。姿は見せないが心を病んでいる亜矢子の母、亜矢子の家の裏山に張られた謎の電気柵、地蔵様の掟と祟り、不審死と不可解な出来事が次々起こるが、一向に結末が読めない。不穏な空気感の中、唯一の救いは奈穂の本音満載のキャラ。前半は平坦、第四章で全ての謎が一気に解けるが、本格ミステリーと思って読むと物足りない。

2021/06/26

感想・レビューをもっと見る