読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どこからか言葉が

どこからか言葉が

どこからか言葉が

作家
谷川俊太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-06-07
ISBN
9784022517616
amazonで購入する Kindle版を購入する

どこからか言葉が / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらちゃん

「トゲ」「今は切り株」が印象に残りました。いくつになっても、とめどなく言葉は溢れてくるものですね。感性が若くってときどきハッとさせられます。コトバで膨れて生きてきて、コトバを脱いでしまったら、今度は宇宙で詩を作るのだろうか。

2021/07/07

けんとまん1007

敬愛する詩人、谷川俊太郎さん。もう何冊目になるのだろう・・・しかし、今回は、どこか感じるものが違う。感じる色合いが、淡いのだ。もちろん、根底にあるものは変わらないのだが、どうしてだろう?自分の感じ方が変わってきた部分もあるのだろうが、谷川俊太郎さん自身の変化もあるのかなと。齢90歳からくるものもと思う。最後の詩の最後の一行・・・20億光年につながるように思う。

2021/09/15

アナクマ

「どこまでもここしかなく いつまでも今しかない」◉「文字よりも声が正直 目よりも耳が敏感 語る人は内心そう思っている」

2021/08/07

ちよりる

改めて言葉の深さに心が否応なしに動く。何かを語りたくなる。語るべきことなど何も持ち合わせていないのに。たくさんのうたが心に残ったけれど、今回特に印象深かったのは「虹とICBMの二語のあいだに 詩は割り込めるだろうか」。割り込んで欲しいと切に願う。今、同じ空の下で行われているであろう殺戮について、詩人たちは何を想うのだろうか。わたしはニュースで目にすることすら辛く、専ら主人公たちが美味しそうに食べたり飲んだりするドラマなどに逃避している。「悲しむだけで私は十分に苦しんでいない」は正に脆弱なわたしそのもの。

2022/05/31

双海(ふたみ)

再読。日々の生活から浮かんできた52篇の詩。「一行が立っています/素裸の少女のように/意味に毒されず/紙の雪原に」

2022/03/24

感想・レビューをもっと見る