読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知の編集工学―情報は、ひとりでいられない。

知の編集工学―情報は、ひとりでいられない。

知の編集工学―情報は、ひとりでいられない。

作家
松岡正剛
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022569882
amazonで購入する

知の編集工学―情報は、ひとりでいられない。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もりけい

『知の編集術』を先に読んでいたので内容が重なるものの、20年前に書かれたとは思えない情報工学の先見性に驚く。

2015/08/16

デコボコ

文庫版には載ってない図版が結構あって、まあ著者の論旨にはあまり関係ないのですが、ちょっと得した気分です。

2014/03/25

konomichi

正剛さんの編集工学の原点。読んでると、「あれ、この本、新刊だっけ?」と時間間隔が狂う。それほど、今読んでも全く違和感ない、でも、20年前、1995〜1996年ごろに書かれた本。Googleが無かった時代に、今のインターネットの双方向性を看過して、さらにその先の未来をも見据えて書かれたようにしか思えない、恐ろしい本。出版された当時に、リアルタイムで出会いたかった。正剛さんにぶつけたいアイデアあるんだけど、どっかで会えないかなぁ、と書いてみるテスト。

2015/04/14

くにお

自分が編集と思っていたものは実はいわばアリストテレス的な「分類」の段階で終わっていた(本書でいう「編纂」に近いかも)。著者の言う編集はもっとダイナミックなもので、さらに編集が扱う情報の概念ももっと広い。もっと世界を動的に編集し、その編集の中に自分を「ハイパーリンク化」させることで「自己編集」をしていくことが必要で、それができればこの世界に生きることをよりエキサイトできると思った。「「私」はつねに「世界」をインヘリタンス(継承)している部分の爆発なのである。」というフレーズに強く惹かれた。同意。

2013/04/17

HTたまにYN@ぬ 積読消化中

コチラは内容照合したさに図書館で借り読み。文庫と大きく変わっていないことが判った。いつかまた読む。

2015/04/24

感想・レビューをもっと見る