読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

長谷川町子全集 (32) サザエさんうちあけ話,サザエさん旅あるき

長谷川町子全集 (32) サザエさんうちあけ話,サザエさん旅あるき

長谷川町子全集 (32) サザエさんうちあけ話,サザエさん旅あるき

作家
長谷川町子
出版社
朝日新聞出版
発売日
1998-07-01
ISBN
9784022571021
amazonで購入する

長谷川町子全集 (32) サザエさんうちあけ話,サザエさん旅あるき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

春ドーナツ

引っ越した時。スペースの都合上、背表紙を並べたいけれど、積んで収納している。無造作に上から取り出しているので読む順序がバラバラだ。全集を紐解く内に著者の評伝があったら書見したいと好奇心がわくようになった。「磯野家の謎」ならぬ「町子の謎」。今回は籤が当たった気分だ。*「うちあけ話」田河水泡の愛弟子だった。お姉さんは姉妹社の社長になる前、菊池寛の新聞連載小説「女性の戦ひ」の挿絵を担当したことがある。ネタ切れ苦労話では星新一の顔が浮かぶ。晩年の作品「旅あるき」を鑑賞していると、群ようこさんに通ずるものを覚えた。

2019/02/07

アルパカ

読んでいると本当に楽しい。つらい話もあるけれど。お父さんを亡くして、母と三姉妹で上京し、頑張ってきた。サザエさんがヒットしたら海外旅行三昧。あんなにしっかりしていたお母さんも晩年の9年ぐらい認知症になってしまった。ネタをなかなか思いつかないときもあり、胃を痛めたり、漫画にとある電話番号を書いたら実在する方の電話番号でその方から「いたずら電話が鳴りやまず困っている」と苦情が来た、とか‥。エピソード満載です。

2021/07/06

memo

2冊の本をまとめたもの。お得感。お母さんの飛び抜けっぷりに呆れるやら笑えるやら。

2016/06/11

シフ子

726ハ32 日頃寄り付かない図書館の全集コーナーにサザエさんがずら~り!子供の頃よくおばあちゃんがお土産に買ってきてくれたっけ(遠い目)。確かNHKの朝の連ドラで このうちあけ話に基づいた番組をやっていたな。この本と同時に家族や親戚一同で見た記憶が。年がばれる。サザエさんのおっちょこちょいブリや カツオとの熱いやりとりは 作者がそうだからだなと納得。特に「旅あるき」は初めてだが面白すぎる。姉と大喧嘩して家出 母親が護送列車で席を譲れと啖呵をきったこと 旅館で部屋を間違えた失敗談。元気をもらう ヨシ。

2011/03/09

踊れない人

図書館本。 はぎの旅は、大爆笑でした。

2016/05/05

感想・レビューをもっと見る