読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

推定恋愛

推定恋愛

推定恋愛

作家
森浩美
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022573292
amazonで購入する

推定恋愛 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっ!chan

目の前にいるこのオトコのことを一体どれくらい私は好きなんだろう?それは、たぶん…推定恋愛??作詞家らしいサビの効いた恋愛短編集。根底に流れるのはちょっとだけ幸せが逃げ(かけ)た寂しい女子のため息(自分の不甲斐なさに気がついているから…)混じりの呟き…ページを閉じたらほとんど記憶に残らないお話ばかりだけど、まぁそれはそれで…しかし女子目線でこんなストーリーも書いていたんだという方がちょっと驚きかな…

2016/08/08

スノーシェルター

とても短い短編がいっぱい。いろんな恋愛がある。

2014/04/09

kaoriction

「一度冷めたコーヒーにどんなに熱いコーヒーを注ぎ足したって美味しいハズがない」。図書館で何気に開いた「注ぎ足し」のこの一文に惹かれて借りてみた。春夏秋冬を背景に描かれる1話が見開き2ページほどのショートショート恋愛小説。初めから読み進めてみると、イライラする女ばかりで。シチュエーションや雰囲気はショートフィルムのようで興味深く楽しいものなのだが、最後の詰めというか、女性の真の心の内、心情という面を描く力がやはり男性作家なのかなぁと。上滑り感が否めない。短い物語達の中にこそ光るものを読みたかった。消化不良。

2018/03/31

とよちゃん

女性目線の短編集。男性作家でありながら、これだけ色々な恋愛風景を描けるのって、どんな経験をしてきた人なんでしょうね。<レトルト>って作品があるんですが、その中で女性が安っぽい深夜番組を見ながらふと思います。「恋愛のレトルトものがあったら便利だろうな。そしたら、フリーザーに買い溜めして置いて、ちょっと寂しい夜にはチンできるのに・・・」。これって本当にあったら爆売れですね(笑)

2013/02/27

ありんこ

4ページの短編集。まるでエッセィのような内容で、あっという間に読めました。その中で共感できる言葉を見つました「エサは節目節目で絶対もぎ取る」笑

2010/06/09

感想・レビューをもっと見る